第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch
第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch » ソフトウェアテストの種類 » 受入テストの目的と注意点

受入テストの目的と注意点

ここでは受入テストの目的や注意すべきポイントについて解説。また外部リソース活用の可能性についても紹介します。

受入テストとは

テストの最終工程で行われるもので、システムを発注した側(ユーザー)が要件通りに動作するかどうか確認し、納品を受け入れるか否かを判定するものです。そのため検収テストや承認テストと呼ばれることもあります。システムの機能・性能だけでなく業務に支障なく使えるか、操作のしやすさなど利便性についても確認します。

受入テストの目的

開発側でシステムテストまで終えていることが前提としたテストですので受入テストの目的はバグや不具合の発見ではありません。ユーザーの実際の業務で快適に利用できるか、不都合な点がないか確認するのが目的なので、ユーザーが使用する環境やそれに近い環境で行われます。環境によっては最適化のための調整が必要だからです。

受入テストのポイントと注意点

受入テストはそれまで開発側で行ってきたテストをユーザー側でも行うことになるため、効率よく行わないと時間や人件費がかかります。内部のリソースが不足していると実施できないこともあります。

テストを疎かにすることはできませんので、ユーザー側としてまず受け入れ基準(合格基準)を決めておくことが重要です。システム要件を明確にし、事前に開発側と認識を合わせておくとそれに向けた開発が行われテストもスムーズにできます。

第三者検証の会社選びは「QCD」の課題解決力で決める!

ソフトウェアテストの悩みは、そのほとんどが「品質・コスト・納期(QCD)」に関わる課題です。しかも早急に対応が必要なことが多いので、QCDの課題解決に長年携わってきた、実績の豊富な第三者検証会社に依頼するのがベター。このサイトでは、「テスト対象別」におすすめの3社を詳しく紹介しています。ぜひ以下のボタンからチェックしてみてください。

第三者検証でおすすめの
企業3選はこちら

受入テストを省略するとコストが増える

システムを納品した後になってから不具合が生じ、それを改修するとなるとテスト中に対応するよりも多くのコストがかかります。受入テストを省略してしまうとその可能性が高まってしまうため必須と言えます。

受入テストには時間も人も必要なのでコストはかかりますが、省略して後で問題が顕在化するよりは少なく済みます。できるだけコストを抑えるためには開発側のテストと被らないユーザー視点のテストに絞り込むことが重要です。

テストに外部リソースを活用するメリット

ユーザー側にリソースやノウハウがなく受入テストの実施が難しい場合は、テストの計画から実行までを外部に委託することができます。開発側とは異なる第三者の視点が重要となるため外部リソースを活用するの有効です。

テスト支援サービスを利用することで、内部リソースに無理な負担をかけることがなくなり余裕が生まれます。専門業者ならテストの作業効率もよいですし、内部で行うよりも精度の高い検証ができるメリットもあります。

テスト対象別 QCDの悩みに応える
第三者検証会社 3選

このサイトでは、第三者検証事業を行う会社83社の情報を取りまとめています。その中から、QCDの「Q=品質」をカバーする独自のテストメソッドを持ち、ニアショア・オフショア等で「C=コスト」を抑える手段を備え、豊富な実績で「D=納期」厳守に信頼が置ける、事業歴20年以上のテスト専門会社をピックアップ。その上で、テスト対象別におすすめの3社を紹介しています。

組み込み開発なら…
独自のテストメソッド教育と
30年の実績でQCDの悩みに応える
エス・キュー・シー
エス・キュー・シー公式サイト
引用元:エス・キュー・シー公式サイト
https://sqc.co.jp/
おすすめの理由
  • 会社独自のテストメソッドを学んだテスターが高品質の検証を行う
  • 沖縄・上海・ベトナムに検証拠点を持ち、コストダウンを見込める
  • 30年近い検証実績があり、テストスケジュールの精度が高い
得意なテスティング領域
  • 医療機器
  • 光学電子機器
  • 家電・自動車

組み込み開発の検証に強い
エス・キュー・シーの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

エス・キュー・シーが
おすすめの理由をもっと読む

Web開発なら…
幅広いWeb開発領域に対応し
ニアショアと自動化で課題を解決する
VES
VES(ヴェス)公式サイト
引用元:VES公式サイト
https://www.ves.co.jp/
おすすめの理由
  • IT検証技術者認定を受けた実力あるテスターがテストを担う
  • 岩手県など、産官学連携での第三者検証でコストを下げられる
  • 長年の実績と自動化ツールによる支援で納期を遵守できる
得意なテスティング領域
  • 業務システム
  • SaaSなどのWebサービス
  • スマートフォンアプリケーション

開発の検証に強い
VESの実績詳細を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

VESが
おすすめの理由をもっと読む

自社プロダクトの開発なら…
機能単位の高速開発に特化し、
豊富な実績と支援ツールで結果を出す
Veriserve
Veriserve公式サイト
引用元:Veriserve公式サイト
https://www.veriserve.co.jp/
おすすめの理由
  • テスト品質を上げる、自社製の開発支援ツールを提供できる
  • 沖縄に巨大拠点を持ち、コストを抑えたニアショアテストが可能
  • クラウドやSaaSのテスト実績豊富で、納期を維持するための知見が深い
得意なテスティング領域
  • アジャイル仕様の事業開発
  • 自社開発のSAPシステム
  • 自社プロダクトの検証PMO

自社プロダクトの検証に強い
Veriserveの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

Veriserveが
おすすめの理由をもっと読む

選定条件:
Googleで「第三者検証」と検索した結果から、第三者検証事業を営んでいる83の会社を調査。会社設立から20年以上のテスティング実績がある24社をピックアップ。その中から下記の条件で3社を選出。(調査日:2023年11月1日)

・エス・キュー・シーの選定理由:テスターに会社独自のテストメソッド教育を施している旨が公式サイトに記載されている会社の内、かつ組み込み開発のテスト事例が最も多い会社として選出。
・VES(ヴェス)の選定理由:公式サイトに掲載されている、Web開発領域の対応サービス範囲が最も広い会社として選出。
・Veriserveの選定理由:公式サイトに掲載されている、アジャイル開発の事例掲載数が最多の企業として選出。