第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch
第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch » ソフトウェアテストの種類 » ユーザビリティテストの目的と注意点

ユーザビリティテストの目的と注意点

ソフトウェアテストの一つとして知られる「ユーザビリティテスト」について、目的や注意点などを解説していきます。

ユーザビリティテストとは

ユーザビリティテストとは、WEBサイトやアプリの使い勝手を改善するために行われるテストのことです。実際にユーザーに制作物を使ってもらって、作る側の視点からでは見えないような改善点を見つけ出し、現状の課題を浮き彫りにする手法として知られています。

ユーザビリティテストの目的

ユーザビリティテストの大きな目標の一つは、ユーザー目線での課題を見つけたり、既存サイトやアプリ・競合との比較を行ったりというものです。基本的には少数の参加者で行われ、実際に設定したタスクに取り掛かってもらい、その後にレビューシートへの記入やヒアリングを通して意見を集めます。

現状の問題点をできる限り明確化するというのがユーザビリティテストの狙いです。ただ「使った感想」といった漠然とした意見を求めるのではなく、あらかじめチェックしたい項目や要点を明確にして洗い出しておくことが重要になります。

第三者検証の会社選びは「QCD」の課題解決力で決める!

ソフトウェアテストの悩みは、そのほとんどが「品質・コスト・納期(QCD)」に関わる課題です。しかも早急に対応が必要なことが多いので、QCDの課題解決に長年携わってきた、実績の豊富な第三者検証会社に依頼するのがベター。このサイトでは、「テスト対象別」におすすめの3社を詳しく紹介しています。ぜひ以下のボタンからチェックしてみてください。

第三者検証でおすすめの
企業3選はこちら

ユーザビリティテストのポイントと注意点

ユーザビリティテストを行うにあたり、以下のようなポイント・注意点を踏まえておきましょう。

定性的・定量的ユーザビリティテストの違い

ユーザビリティテストと言っても、調査の目的によって大きく2つに分けられます。テストの目的やねらいに合わせて、適した方法を選びましょう。

「定性的ユーザビリティテスト」は、課題の所在や原因を特定するために、必要になったらいつでも柔軟に行われています。少数の参加者を募って、デザインの変更中であっても行われるのが特徴。

「定量的ユーザビリティテスト」は、既存サイトやアプリの総括的な目的で行われます。プロセスの最初か最後の段階で、厳密にコントロールされた調査条件の中で行われています。

人の集め方

テスト対象となる製品やサービス、テストする内容に合わせてユーザーの条件を考えていく必要があります。性別・年代・ニーズなど…条件に合った人物を探し、指定した日時にユーザビリティテストに参加してもらうよう調整してもらいます。

また、ユーザビリティテストは最低5人で問題の約85%を発見できるとされているため、一度に大勢の協力を依頼するよりも、5人程度の小規模なユーザビリティテストを繰り返すのが効果的とされています。

テストでチェックしたいポイント

やみくもに感想を集めるのではなく、あらかじめチェックしたいポイントを洗い出し、それを確認できるようなテストを作る必要があります。

例えばデザインや使い勝手、コンテンツとしての品質など…。目的に応じて評価項目やタスクを設定し、具体的な質問項目を考えましょう。

テストに外部リソースを活用するメリット

テスト実行のためには、工数や人的リソースが多く割かれます。これらの問題を解消するためには、第三者検証を専門で行う外部リソースを頼るのも効果的です。

外部リソースを活用するメリットとして、作り手側の視点では見落としや抜け漏れが生じるような部分もしっかりカバーし、専門家として適切なテストを効率良く行ってもらえるという点も挙げられます。

テスト対象別 QCDの悩みに応える
第三者検証会社 3選

このサイトでは、第三者検証事業を行う会社83社の情報を取りまとめています。その中から、QCDの「Q=品質」をカバーする独自のテストメソッドを持ち、ニアショア・オフショア等で「C=コスト」を抑える手段を備え、豊富な実績で「D=納期」厳守に信頼が置ける、事業歴20年以上のテスト専門会社をピックアップ。その上で、テスト対象別におすすめの3社を紹介しています。

組み込み開発なら…
独自のテストメソッド教育と
30年の実績でQCDの悩みに応える
エス・キュー・シー
エス・キュー・シー公式サイト
引用元:エス・キュー・シー公式サイト
https://sqc.co.jp/
おすすめの理由
  • 会社独自のテストメソッドを学んだテスターが高品質の検証を行う
  • 沖縄・上海・ベトナムに検証拠点を持ち、コストダウンを見込める
  • 30年近い検証実績があり、テストスケジュールの精度が高い
得意なテスティング領域
  • 医療機器
  • 光学電子機器
  • 家電・自動車

組み込み開発の検証に強い
エス・キュー・シーの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

エス・キュー・シーが
おすすめの理由をもっと読む

Web開発なら…
幅広いWeb開発領域に対応し
ニアショアと自動化で課題を解決する
VES
VES(ヴェス)公式サイト
引用元:VES公式サイト
https://www.ves.co.jp/
おすすめの理由
  • IT検証技術者認定を受けた実力あるテスターがテストを担う
  • 岩手県など、産官学連携での第三者検証でコストを下げられる
  • 長年の実績と自動化ツールによる支援で納期を遵守できる
得意なテスティング領域
  • 業務システム
  • SaaSなどのWebサービス
  • スマートフォンアプリケーション

開発の検証に強い
VESの実績詳細を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

VESが
おすすめの理由をもっと読む

自社プロダクトの開発なら…
機能単位の高速開発に特化し、
豊富な実績と支援ツールで結果を出す
Veriserve
Veriserve公式サイト
引用元:Veriserve公式サイト
https://www.veriserve.co.jp/
おすすめの理由
  • テスト品質を上げる、自社製の開発支援ツールを提供できる
  • 沖縄に巨大拠点を持ち、コストを抑えたニアショアテストが可能
  • クラウドやSaaSのテスト実績豊富で、納期を維持するための知見が深い
得意なテスティング領域
  • アジャイル仕様の事業開発
  • 自社開発のSAPシステム
  • 自社プロダクトの検証PMO

自社プロダクトの検証に強い
Veriserveの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

Veriserveが
おすすめの理由をもっと読む

選定条件:
Googleで「第三者検証」と検索した結果から、第三者検証事業を営んでいる83の会社を調査。会社設立から20年以上のテスティング実績がある24社をピックアップ。その中から下記の条件で3社を選出。(調査日:2023年11月1日)

・エス・キュー・シーの選定理由:テスターに会社独自のテストメソッド教育を施している旨が公式サイトに記載されている会社の内、かつ組み込み開発のテスト事例が最も多い会社として選出。
・VES(ヴェス)の選定理由:公式サイトに掲載されている、Web開発領域の対応サービス範囲が最も広い会社として選出。
・Veriserveの選定理由:公式サイトに掲載されている、アジャイル開発の事例掲載数が最多の企業として選出。