第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch
第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch » ソフトウェア検証の基礎知識と外注すべき理由 » ソフトウェアテストの7原則

ソフトウェアテストの7原則

ソフトウェアというものがこの世に生まれてから、ソフトウェアテストもまた同時に発展を続けてきました。

これまでに、ソフトウェアテストの中でももっとも重要で、ソフトウェアテストに関わる多くの原理・原則に共通した考え方がソフトウェアテストの7原則。

ここでは、ソフトウェアテストの7原則について解説します。

テストは「欠陥がある」ことしか示せない

テストでは「故障が起きた = 欠陥がある」という証明はできても、「故障が起きない = 欠陥がない」とは証明することができません。

テストをおこなうことで、故障が起きれば、そのソフトウェアに欠陥があることは分かります。また、その原因を究明すれば、欠陥を取り除くことができます。

ですが、テストをしても故障が起きなかった場合は?本当にそのソフトウェアには、欠陥がないのでしょうか。

そのテストでは故障が起きなかったが、別の条件下では故障が起きるのかもしれません。テストケースに漏れがあって、たまたま故障が起きる値でテストがされなかっただけかもしれません。

全数テストは不可能

「全数テスト」とは、ソフトウェアに入力する可能性のあるパターンを、すべてテストすること。

しかし、ソフトウェアに入力する可能性のあるすべてのパターンを抽出すれば、テストケースの範囲は膨大な量。単純な機能レベルのテストなら可能かもしれませんが、より詳細なテストの場合は現実的ではありません。

そのため、実際のテストでは、ソフトウェアの性質、目的、使われ方、考えられるリスクなどにより、重点的にテストをおこなう場所を絞ったり、優先順位をつけたりしてテストをおこないます。

初期テスト

ソフトウェア開発の早い段階からおこなわれるのが「初期テスト」です。ソフトウェアの開発において、欠陥がないことが理想ですが、人が作っている以上は、完璧なソフトウェアを開発することは現実的ではありません。

欠陥は起こりえるものとして考えると、欠陥がいつ見つけられるかが重要です。ソフトウェアの開発開始から欠陥が発見されるまでの期間が開けば開くほど、その影響範囲は大きくなってしまいます。そのため、いち早く欠陥を見つけるために、初期テストを行います。

第三者検証の会社選びは「QCD」の課題解決力で決める!

ソフトウェアテストの悩みは、そのほとんどが「品質・コスト・納期(QCD)」に関わる課題です。しかも早急に対応が必要なことが多いので、QCDの課題解決に長年携わってきた、実績の豊富な第三者検証会社に依頼するのがベター。このサイトでは、「テスト対象別」におすすめの3社を詳しく紹介しています。ぜひ以下のボタンからチェックしてみてください。

第三者検証でおすすめの
企業3選はこちら

欠陥の偏在

一説には、ソフトウェアで発見される欠陥の8割は、ソフトウェア全体の2割に集中しているともいわれています。

欠陥位置に偏りがあるというデータが存在する場合、過去の欠陥分析や直前のテスト結果を参考にして、欠陥位置を予測し、テストの焦点を絞ることが効率的だと言えます。

殺虫剤のパラドックス

害虫駆除にずっと同じ殺虫剤を使っていると、そのうち耐性を持つ個体が現れ、殺虫剤が効かなくなります。

こういった耐性は、ソフトウェアテストでも同じような傾向がみられ、同じテストを何度も繰り返していると、そのテストでは新しい欠陥が見つからなくなることがあります。

同じテストをずっと続けていると、慣れから起こる見落としなどを発生させます。

そのため、ソフトウェアテストでは、同じテストをずっと繰り返すのではなく、より良いテストケースの利用やテストデータの活用など、やり方を変えていく必要があるのです。

テストは条件次第

テストは、ソフトウェアが使用される状況や、目的に合わせて内容や方法を変更する必要があります。

すべてのモジュールで使えるような万能なテストは存在せず、条件や目的に合わせたカスタマイズが必要となります。

「バグゼロ」の落とし穴

ソフトウェアテストで欠陥をすべて見つけられたとしても、製品が必ずしも良いものになるとは限りません。

欠陥を修正したことで、修正箇所以外の箇所への影響や、新たな欠陥がないかを確認しないと、これまで出来ていた動作ができなくなったり、欠陥を修正したことで「ソフトウェアの使いやすさ」が低下する可能性もあります。

欠陥の数をなくすことが目的ではなく、あくまでユーザーの要件や期待を満たすことがソフトウェアテストの目的であるという認識をずらしてはいけません。

テスト対象別 QCDの悩みに応える
第三者検証会社 3選

このサイトでは、第三者検証事業を行う会社83社の情報を取りまとめています。その中から、QCDの「Q=品質」をカバーする独自のテストメソッドを持ち、ニアショア・オフショア等で「C=コスト」を抑える手段を備え、豊富な実績で「D=納期」厳守に信頼が置ける、事業歴20年以上のテスト専門会社をピックアップ。その上で、テスト対象別におすすめの3社を紹介しています。

組み込み開発なら…
独自のテストメソッド教育と
30年の実績でQCDの悩みに応える
エス・キュー・シー
エス・キュー・シー公式サイト
引用元:エス・キュー・シー公式サイト
https://sqc.co.jp/
おすすめの理由
  • 会社独自のテストメソッドを学んだテスターが高品質の検証を行う
  • 沖縄・上海・ベトナムに検証拠点を持ち、コストダウンを見込める
  • 30年近い検証実績があり、テストスケジュールの精度が高い
得意なテスティング領域
  • 医療機器
  • 光学電子機器
  • 家電・自動車

組み込み開発の検証に強い
エス・キュー・シーの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

エス・キュー・シーが
おすすめの理由をもっと読む

Web開発なら…
幅広いWeb開発領域に対応し
ニアショアと自動化で課題を解決する
VES
VES(ヴェス)公式サイト
引用元:VES公式サイト
https://www.ves.co.jp/
おすすめの理由
  • IT検証技術者認定を受けた実力あるテスターがテストを担う
  • 岩手県など、産官学連携での第三者検証でコストを下げられる
  • 長年の実績と自動化ツールによる支援で納期を遵守できる
得意なテスティング領域
  • 業務システム
  • SaaSなどのWebサービス
  • スマートフォンアプリケーション

開発の検証に強い
VESの実績詳細を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

VESが
おすすめの理由をもっと読む

自社プロダクトの開発なら…
機能単位の高速開発に特化し、
豊富な実績と支援ツールで結果を出す
Veriserve
Veriserve公式サイト
引用元:Veriserve公式サイト
https://www.veriserve.co.jp/
おすすめの理由
  • テスト品質を上げる、自社製の開発支援ツールを提供できる
  • 沖縄に巨大拠点を持ち、コストを抑えたニアショアテストが可能
  • クラウドやSaaSのテスト実績豊富で、納期を維持するための知見が深い
得意なテスティング領域
  • アジャイル仕様の事業開発
  • 自社開発のSAPシステム
  • 自社プロダクトの検証PMO

自社プロダクトの検証に強い
Veriserveの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

Veriserveが
おすすめの理由をもっと読む

選定条件:
Googleで「第三者検証」と検索した結果から、第三者検証事業を営んでいる83の会社を調査。会社設立から20年以上のテスティング実績がある24社をピックアップ。その中から下記の条件で3社を選出。(調査日:2023年11月1日)

・エス・キュー・シーの選定理由:テスターに会社独自のテストメソッド教育を施している旨が公式サイトに記載されている会社の内、かつ組み込み開発のテスト事例が最も多い会社として選出。
・VES(ヴェス)の選定理由:公式サイトに掲載されている、Web開発領域の対応サービス範囲が最も広い会社として選出。
・Veriserveの選定理由:公式サイトに掲載されている、アジャイル開発の事例掲載数が最多の企業として選出。