第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch
第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch » ソフトウェアテストの種類

ソフトウェアテストの種類

ソフトウェアテストは単体テスト、結合テスト、システムテスト、受入テストと段階的に実施されます。これらを十分に行わないとバグや不具合を残したまま本稼働してしまうリスクが生じるため重要な作業です。ここでは各テストの目的やできるだけ時間とコストをかけずに効率よく行うための方法や注意点についてまとめました。

単体テストの目的と注意点

正常に動作するかモジュールごとにテストして不具合の修正を行うことが単体テストの目的です。漏れのないテスト仕様書を作成することがポイントでテストケースを増やすとコスト高になるためバランスに注意します。

結合テストの目的と注意点

単体テスト後の各モジュールを組み合わせ、実際に動作する状態に近づけた中で問題がないか確認し発見された不具合を取り除くのが結合テストの目的。組み合わせによっては工数が増えるので余裕を持った計画が必要です。

システムテストの目的と注意点

プログラムとハードウェアを合わせシステム全体として要件を満たしているか検証するのがシステムテストです。バグや不具合発見より本番環境での動作に重点が置かれ、高負荷をかけたり使い勝手も含めチェックを行います。

第三者検証の会社選びは「QCD」の課題解決力で決める!

ソフトウェアテストの悩みは、そのほとんどが「品質・コスト・納期(QCD)」に関わる課題です。しかも早急に対応が必要なことが多いので、QCDの課題解決に長年携わってきた、実績の豊富な第三者検証会社に依頼するのがベター。このサイトでは、「テスト対象別」におすすめの3社を詳しく紹介しています。ぜひ以下のボタンからチェックしてみてください。

第三者検証でおすすめの
企業3選はこちら

受入テストの目的と注意点

テスト最終工程で行われます。システム発注側が要件通りに動作するかどうか確認し、納品の可否を判定。実際の業務で支障なく利用できるか確認するのが目的で、効率を上げるには受け入れ基準を決めておくことが重要です。

ソフトウェアテストにおける動作検証とは

対象となるソフトウェアが問題なく意図した通りに動作するかを検証することを指します。ソフトウェア単体だけでなく他の製品などと組み合わせた検証を行うこともあり、不具合の早期発見により手戻りの防止に繋がります。

ソフトウェアテストにおける負荷テスト(ストレステスト)の概要や目的を紹介

通常時やピーク時に想定できる最大限の負荷をシステムにかけた場合、仕様通りに動作するかを確認するためのテストをロードテストと呼びます。現実的にシステムがどの程度の処理能力があるか図る目的で行われるテストです。

ソフトウェアテストにおける機能テストの概要と目的を紹介

ソフトウェアにおける機能とはどう動作するかではなく何をするかということ。機能テストはテスト対象が求められている仕様を満たしているかを検証するもので、システムテストの一つとして実施されることが多くあります。

品質PMOの概要に関して紹介

PMOとは企業・組織でプロジェクトマネジメントの支援を横断的に行う部門や構造システムのこと。特にQ(品質)、C(コスト)、D(納期)の3つを重視し、プロジェクトの成功を目標とした運営と管理を行います。

E2Eテスト(エンドツーエンドテスト)の目的と注意点を紹介

E2Eとは「End to End」の頭文字を採ったものですが、E2Eテストとは、文字通り、ソフトウェア・システムの実際のユーザーの視点に立ちながら、ソフトウェアに不具合がないか「端から端まで」検証するために行われるテストです。

パフォーマンステストの目的と注意点を紹介

システムおよびソフトウェアのデータ処理スピード等が、ユーザーが求める水準にあるかどうかを評価・確認するためのテストがパフォーマンステストです。負荷テスト、ロードテスト、ソークテストなど、パフォーマンステストには複数の種類があります。

スモークテストの目的と注意点を紹介

スモークテストでは、ソフトウェア・システムのごくごく基本的な動作を検証します。プログラムの細部を検証するユニットテスト等を行う前の段階で、予備的なテストとして行われるテストです。

リグレッションテストの目的と注意点

リグレッションテストとは、プログラムを変更した際に他の機能などに影響が及ぼされていないかどうかを確認するテストのことです。全範囲だけではなく1か所のみに絞ってテストされることもあり、ツールで自動化することも可能です。

ユーザビリティテストの目的と注意点

WEBサイトやアプリの使い勝手を改善するため、実際にユーザーに制作物を使ってもらって行われるテストのことをユーザビリティテストと言います。ユーザー目線で課題を発見したり、既存サイト・アプリとの比較を行ったりするのが目的です。

ロードテストの目的と注意点

ロードテストではシステムに対して要求を実行し、特定レベルの同時要求でシステムの機能が働くかどうかを確認します。ボリュームテストと呼ばれることもあり、バグ発見やソフトウェアの拡張性の向上に繋がります。

トップダウンテストの目的と注意点

トップダウンテストは複数のモジュールを組合わせた「結合テスト」の中でも、上位モジュールから下位モジュールへとテストしていく流れを言います。下位モジュールが未完成の場合には「スタブ」という仮のモジュールを使います。

ボトムアップテストの目的と注意点

ボトムアップテストは最下位から上位への流れでシステム内のモジュールをテストしていく手法です。上位モジュールが未完成なら「ドライバ」と呼ばれる代替モジュールを使用し、開発とテストを並行して同時に行うことができます。

サンドイッチテストの目的と注意点

システム構造の中間からテストを開始し、徐々に上位・下位へとテスト範囲を広げていくテスト手法です。トップダウン・ボトムアップテストのメリットをどちらもバランスよく活かせるのが特徴ですが、手間がかかりやすい点もあります。

ビッグバンテストの目的と注意点

ソフトウェアやシステムを構成するモジュールを全て一挙に結合し、動作を検証する手法です。他のテストと比べて作業量が少ない点がメリットですが、不具合の原因を究明するのが難しく、品質低下に繋がる可能性があるのが注意点です。

ブラックボックステストの目的と注意点

システムの内部構造を考慮せず、インプット・アウトプットのみに着目してテスト対象の振る舞いを確認するテスト手法です。ユーザーインターフェースの不具合や使用感を確認しやすい反面、不具合が見逃されるリスクもあります。

ホワイトボックステストの目的と注意点

システムの内部構造を理解した上で、ロジックや制御の流れを単体テストで実施する手法です。例外処理やプログラムのミスがないか確認しやすく、不具合の早期発見に繋がります。ただし、ユーザーのニースまでは把握できません。

モンキーテストの目的と注意点を紹介

事前のテスト計画を必要としない場当たり的に行われるテストのことをモンキーテストといいます。このテストの目的はランダムに動作を検証することで、意外なバグを検出すること。テストケースが必要なテストと組み合わせることでソフトウェアの品質向上を目指せます。

アドホックテストの目的と注意点を紹介

ソフトウェアの仕様に理解のあるテスターが事前にテスト計画を用意せずに行うテストのことをいいます。決まったルールがなく、テスターの知識・経験に基づいて直感的に行われることがポイントです。開発プロジェクトのあらゆる段階で実施されます。

探索的テストの目的と注意点を紹介

テストケースは用意せずにテストの目的だけを設定して実施するテストです。テスターはテストの設計・実行・記録を同時に繰り返し行うため、高度なスキルが求められます。記述式テストの準備時間がない場合やプロジェクトの最終段階で念押ししたい場合に有効です。

シナリオテストの目的と注意点を紹介

ユーザーが使用する場面や動作を想定したシナリオを作成して、それに沿ってテストを行う方法です。システムの内部構造は考えずに、ユーザー視点に立ったシナリオ作成が求められます。ユーザーの満足度に繋がる問題点を効率的に発見することが目的です。

テスト対象別 QCDの悩みに応える
第三者検証会社 3選

このサイトでは、第三者検証事業を行う会社83社の情報を取りまとめています。その中から、QCDの「Q=品質」をカバーする独自のテストメソッドを持ち、ニアショア・オフショア等で「C=コスト」を抑える手段を備え、豊富な実績で「D=納期」厳守に信頼が置ける、事業歴20年以上のテスト専門会社をピックアップ。その上で、テスト対象別におすすめの3社を紹介しています。

組み込み開発なら…
独自のテストメソッド教育と
30年の実績でQCDの悩みに応える
エス・キュー・シー
エス・キュー・シー公式サイト
引用元:エス・キュー・シー公式サイト
https://sqc.co.jp/
おすすめの理由
  • 会社独自のテストメソッドを学んだテスターが高品質の検証を行う
  • 沖縄・上海・ベトナムに検証拠点を持ち、コストダウンを見込める
  • 30年近い検証実績があり、テストスケジュールの精度が高い
得意なテスティング領域
  • 医療機器
  • 光学電子機器
  • 家電・自動車

組み込み開発の検証に強い
エス・キュー・シーの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

エス・キュー・シーが
おすすめの理由をもっと読む

Web開発なら…
幅広いWeb開発領域に対応し
ニアショアと自動化で課題を解決する
VES
VES(ヴェス)公式サイト
引用元:VES公式サイト
https://www.ves.co.jp/
おすすめの理由
  • IT検証技術者認定を受けた実力あるテスターがテストを担う
  • 岩手県など、産官学連携での第三者検証でコストを下げられる
  • 長年の実績と自動化ツールによる支援で納期を遵守できる
得意なテスティング領域
  • 業務システム
  • SaaSなどのWebサービス
  • スマートフォンアプリケーション

開発の検証に強い
VESの実績詳細を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

VESが
おすすめの理由をもっと読む

自社プロダクトの開発なら…
機能単位の高速開発に特化し、
豊富な実績と支援ツールで結果を出す
Veriserve
Veriserve公式サイト
引用元:Veriserve公式サイト
https://www.veriserve.co.jp/
おすすめの理由
  • テスト品質を上げる、自社製の開発支援ツールを提供できる
  • 沖縄に巨大拠点を持ち、コストを抑えたニアショアテストが可能
  • クラウドやSaaSのテスト実績豊富で、納期を維持するための知見が深い
得意なテスティング領域
  • アジャイル仕様の事業開発
  • 自社開発のSAPシステム
  • 自社プロダクトの検証PMO

自社プロダクトの検証に強い
Veriserveの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

Veriserveが
おすすめの理由をもっと読む

選定条件:
Googleで「第三者検証」と検索した結果から、第三者検証事業を営んでいる83の会社を調査。会社設立から20年以上のテスティング実績がある24社をピックアップ。その中から下記の条件で3社を選出。(調査日:2023年11月1日)

・エス・キュー・シーの選定理由:テスターに会社独自のテストメソッド教育を施している旨が公式サイトに記載されている会社の内、かつ組み込み開発のテスト事例が最も多い会社として選出。
・VES(ヴェス)の選定理由:公式サイトに掲載されている、Web開発領域の対応サービス範囲が最も広い会社として選出。
・Veriserveの選定理由:公式サイトに掲載されている、アジャイル開発の事例掲載数が最多の企業として選出。