第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch
第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch » ソフトウェア検証の基礎知識と外注すべき理由 » ソフトウェアのテスト自動化とは?

ソフトウェアのテスト自動化とは?

ソフトウェアのテストを自動化する「テスト自動化」とはどんな方法なのでしょうか?ツールの内容やメリット・デメリットについて見ていきましょう。

テスト自動化とは?

通常はテスターが人の手で行っていたソフトウェアテストの作業を、自動化することを「テスト自動化」と言います。テストコードやツールを用いて実行することにより、作業を自動化して画面上の画像・文字を自動的に判別して行われます。

テスト自動化のメリット

工数削減

テストツールによってテスト作業を自動化することにより、テスターとして作業をしていた人たちの作業工数を一気に削減できます。高率的なテスト体制を構築できるだけでなく、人的リソースを他の場所に割くことも可能になります。また社内の人的リソースが不足している場合でも、少人数でのテスト作業を実現します。

ミス削減

人による手動テストだと、人の目と手によって行われるため、テストの見落としや作業ミスといったヒューマンエラーが少なからず発生します。作業量が増えれば増えるほどミスの増加も懸念されます。

テスト自動化ツールを用いれば、システムの正常動作によってヒューマンエラーのリスクが減少。効率的に確実なテスト作業を行えることで、ソフトウェア全体の品質向上にも繋がるでしょう。

早期発見

ツールによるテスト自動化で効率よくテスト作業が進み、より短時間で不具合を発見できます。自動テスト環境を構築すれば、人の手では週に1度しか実施できなかったテストも毎日実行できるようになり、不具合の早期発見に繋がります。業務上の無駄を取り除きながら、短時間でソフトウェアの品質を高められるでしょう。

時間の制約を受けない

人の手でテストを行う場合、営業時間内にしかテストは実行できません。そのためテストに関連する機能の開発や調整にも時間的な制約が生じてしまいます。

テスト自動化を用いる場合は営業時間外であってもテストが可能なため、終業後や休業日であってもテストを実行し続けることができます。

第三者検証の会社選びは「QCD」の課題解決力で決める!

ソフトウェアテストの悩みは、そのほとんどが「品質・コスト・納期(QCD)」に関わる課題です。しかも早急に対応が必要なことが多いので、QCDの課題解決に長年携わってきた、実績の豊富な第三者検証会社に依頼するのがベター。このサイトでは、「テスト対象別」におすすめの3社を詳しく紹介しています。ぜひ以下のボタンからチェックしてみてください。

第三者検証でおすすめの
企業3選はこちら

テスト自動化のデメリット

テスト自動化には以下のようなデメリットも懸念されます。

初期コスト

テスト自動化を導入するにあたり、テストコード作成のためのツールを使用することになります。ツールの導入費用や学習など、様々な初期段階でのコストが求められます。

テストを行う対象と自動化ツールの相性を考えた上で、費用対効果やコストパフォーマンスについて慎重に判断・分析を重ねることが重要です。

保守運用が必要

テスト自動化ツールは導入後にすぐ効果が出るわけではなく、長期的な運用によって費用対効果が得られます。長期運用を視野に入れると、テストの保守作業を行うためのリソースが新たに必要になります。

自動テストがアップデートされる場合はその都度テストコードの修正も発生するなど、絶えず保守運用が必要です。

適していないケースもある

全てのテストが自動化できるわけではなく、手動テストの方が効率的・リーズナブルな場合もあります。自動化ツールはコード通りのテストしか行えないため、自動化に適したテストとそうでないテストを見極めないと、テスト作業の効率化が難しくなります。

テスト自動化が向いているテスト

テスト自動化と相性が良いのは、以下のようなテスト作業です。

繰り返しのテスト

同一の入力を何回も繰り返して行うようなテストは、手作業で10秒かかる場合、自動化ツールでその内の数秒を短縮できます。この作業を何千~何万回も繰り返すのであれば、数時間単位での効率化に繋がるでしょう。

もちろん単純作業のため、複雑なテストコードを作成する必要もなく自動化ツールとの相性も抜群です。

人為的ミスが起こりやすいテスト

文字入力や似た作業の繰り返しなどは、人為的ミスが頻発します。ミスの出やすい単純作業ほど、テスト自動化ツールを導入することでミスの防止に繋がり、製品の品質自体も向上させることができます。

手順が決まったテスト

すでに手順が決まっているテストなら、人が行っても自動化ツールが行っても結果は同じです。テストの手順をプログラムに落とし込みやすいため、自動化に向いているでしょう。

変更が少ないテスト

機能の改良によってプログラムが改修されると、自動化したとしても頻繁に変更作業を行わなければならず、コストばかりが膨らんでしまいます。

変更が少なければ自動化にかけたコストを無駄にするリスクも少ないため、費用対効果も期待できるでしょう。

テスト自動化の対象箇所

一般的にテスト自動化の対象とされるのは、以下の箇所です。

ソースコード

ソースコード上は最小単位の処理を対象としてテストを行えるため、ソフトウェアの変更による不具合の検知が簡単です。利用しているプログラミング言語などにあわせて自動化ツールを選定し、テストコードを作成します。

API

ソフトウェアのコンポーネント同士がやり取りを行う際のインターフェースが「API」と呼ばれるものです。特定の入力に対して整合性のある出力結果が得られたかをテストしますが、自動化を行う場合は入出力の組み合わせを網羅的に洗い出します。

GUI

人間が直観的に操作できるインターフェースを「GUI」と呼びます。マウスやタッチパネルを用いた操作手順をテストツールに記録することで、この操作をテストツールが自動実行することができます。

テスト対象別 QCDの悩みに応える
第三者検証会社 3選

このサイトでは、第三者検証事業を行う会社83社の情報を取りまとめています。その中から、QCDの「Q=品質」をカバーする独自のテストメソッドを持ち、ニアショア・オフショア等で「C=コスト」を抑える手段を備え、豊富な実績で「D=納期」厳守に信頼が置ける、事業歴20年以上のテスト専門会社をピックアップ。その上で、テスト対象別におすすめの3社を紹介しています。

組み込み開発なら…
独自のテストメソッド教育と
30年の実績でQCDの悩みに応える
エス・キュー・シー
エス・キュー・シー公式サイト
引用元:エス・キュー・シー公式サイト
https://sqc.co.jp/
おすすめの理由
  • 会社独自のテストメソッドを学んだテスターが高品質の検証を行う
  • 沖縄・上海・ベトナムに検証拠点を持ち、コストダウンを見込める
  • 30年近い検証実績があり、テストスケジュールの精度が高い
得意なテスティング領域
  • 医療機器
  • 光学電子機器
  • 家電・自動車

組み込み開発の検証に強い
エス・キュー・シーの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

エス・キュー・シーが
おすすめの理由をもっと読む

Web開発なら…
幅広いWeb開発領域に対応し
ニアショアと自動化で課題を解決する
VES
VES(ヴェス)公式サイト
引用元:VES公式サイト
https://www.ves.co.jp/
おすすめの理由
  • IT検証技術者認定を受けた実力あるテスターがテストを担う
  • 岩手県など、産官学連携での第三者検証でコストを下げられる
  • 長年の実績と自動化ツールによる支援で納期を遵守できる
得意なテスティング領域
  • 業務システム
  • SaaSなどのWebサービス
  • スマートフォンアプリケーション

開発の検証に強い
VESの実績詳細を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

VESが
おすすめの理由をもっと読む

自社プロダクトの開発なら…
機能単位の高速開発に特化し、
豊富な実績と支援ツールで結果を出す
Veriserve
Veriserve公式サイト
引用元:Veriserve公式サイト
https://www.veriserve.co.jp/
おすすめの理由
  • テスト品質を上げる、自社製の開発支援ツールを提供できる
  • 沖縄に巨大拠点を持ち、コストを抑えたニアショアテストが可能
  • クラウドやSaaSのテスト実績豊富で、納期を維持するための知見が深い
得意なテスティング領域
  • アジャイル仕様の事業開発
  • 自社開発のSAPシステム
  • 自社プロダクトの検証PMO

自社プロダクトの検証に強い
Veriserveの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

Veriserveが
おすすめの理由をもっと読む

選定条件:
Googleで「第三者検証」と検索した結果から、第三者検証事業を営んでいる83の会社を調査。会社設立から20年以上のテスティング実績がある24社をピックアップ。その中から下記の条件で3社を選出。(調査日:2023年11月1日)

・エス・キュー・シーの選定理由:テスターに会社独自のテストメソッド教育を施している旨が公式サイトに記載されている会社の内、かつ組み込み開発のテスト事例が最も多い会社として選出。
・VES(ヴェス)の選定理由:公式サイトに掲載されている、Web開発領域の対応サービス範囲が最も広い会社として選出。
・Veriserveの選定理由:公式サイトに掲載されている、アジャイル開発の事例掲載数が最多の企業として選出。