第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch
第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch » ソフトウェア検証の基礎知識と外注すべき理由 » アジャイル開発とは

アジャイル開発とは

システムやソフトウェアの開発手法の1つである「アジャイル開発」とはどのような方法なのか、メリットやデメリットについてまとめました。

アジャイル開発の概要

「アジャイル(agile)」とは、「素早い」「機敏な」を意味する言葉です。アジャイル開発はシステム・ソフトウェアの開発手法の1つとして知られており、以下の小さな開発工程をサイクルで繰り返していきます。

優先度の高い要件から順番に開発を進めていき、素早くリリースしてからブラッシュアップを繰り返します。2001年頃から多く知られるようになったアジャイル開発は、ウォーターフォール開発と異なる手法として現在も広く活用されています。

  1. 計画
  2. 設計
  3. 実装
  4. テスト

アジャイル開発のメリット

臨機応変に柔軟な対応ができる

アジャイル開発は小さなサイクルを繰り返していく手法のため、トラブルや不具合が発生した場合にも大幅に工数を戻る必要はありません。修正にかかる時間やコストを節約できるため、トラブル発生時にも臨機応変な対応を取りやすいのが特徴。短時間で修正や変更が可能です。

開発スピードやリリースのタイミングが早い

アジャイル開発は事前に厳密な仕様を決めず、大まかな仕様と要求のみで開発をスタートできます。そのため取り掛かりがスピーディであり、リリースまで時間もかかりません。定期的に新機能の実装や改善を繰り返すプロジェクトが前提となっているため、いち早くユーザーに提供できます。

ユーザーのフィードバックを反映しやすい

早い段階からユーザーにシステムを提供できるため、開発の途中段階からでもユーザーとコミュニケーションを取りながら、フィードバックを受け取ることができます。ユーザーのニーズを最大限に反映しながら、高い満足度に繋げられるでしょう。

アジャイル開発のデメリット

開発の方向性がブレやすい

計画段階では厳密な仕様を決定しないため、開発を進めるうちに方向性がブレやすいという特徴があります。特にユーザーからのフィードバックを反映しながらの開発を繰り返すため、正しい要求を導けなかったり、場当たり的な開発になったりと、開発の方向性がブレやすい要素が多くあります。

進捗具合やスケジュールを把握しづらい

ウォーターフォール開発と違って計画が詳細に立案されるわけではないため、スケジュールや進捗具合を詳細に把握しづらいという欠点もあります。チームごとに小さな開発を繰り返すやり方のため、全体を把握できず納期に間に合わなくなるようなケースも考えられます。

第三者検証の会社選びは「QCD」の課題解決力で決める!

ソフトウェアテストの悩みは、そのほとんどが「品質・コスト・納期(QCD)」に関わる課題です。しかも早急に対応が必要なことが多いので、QCDの課題解決に長年携わってきた、実績の豊富な第三者検証会社に依頼するのがベター。このサイトでは、「テスト対象別」におすすめの3社を詳しく紹介しています。ぜひ以下のボタンからチェックしてみてください。

第三者検証でおすすめの
企業3選はこちら

アジャイル開発が適切なケース

アジャイル開発が適しているとされるのは、以下のような特徴を持つプロジェクトです。

WEBサービスやWEBアプリ、スマートフォンアプリなどの開発との相性が特に良いでしょう。

ウォーターフォール開発との違い

ウォーターフォール開発は要件定義から設計~運用までの各工程を上流から下流に向かって行います。実際に開発が始まるまでに時間がかかりやすい反面で、予算やスケジュールを管理しやすく、一定の品質を担保しやすいという特徴を持ちます。

テスト対象別 QCDの悩みに応える
第三者検証会社 3選

このサイトでは、第三者検証事業を行う会社83社の情報を取りまとめています。その中から、QCDの「Q=品質」をカバーする独自のテストメソッドを持ち、ニアショア・オフショア等で「C=コスト」を抑える手段を備え、豊富な実績で「D=納期」厳守に信頼が置ける、事業歴20年以上のテスト専門会社をピックアップ。その上で、テスト対象別におすすめの3社を紹介しています。

組み込み開発なら…
独自のテストメソッド教育と
30年の実績でQCDの悩みに応える
エス・キュー・シー
エス・キュー・シー公式サイト
引用元:エス・キュー・シー公式サイト
https://sqc.co.jp/
おすすめの理由
  • 会社独自のテストメソッドを学んだテスターが高品質の検証を行う
  • 沖縄・上海・ベトナムに検証拠点を持ち、コストダウンを見込める
  • 30年近い検証実績があり、テストスケジュールの精度が高い
得意なテスティング領域
  • 医療機器
  • 光学電子機器
  • 家電・自動車

組み込み開発の検証に強い
エス・キュー・シーの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

エス・キュー・シーが
おすすめの理由をもっと読む

Web開発なら…
幅広いWeb開発領域に対応し
ニアショアと自動化で課題を解決する
VES
VES(ヴェス)公式サイト
引用元:VES公式サイト
https://www.ves.co.jp/
おすすめの理由
  • IT検証技術者認定を受けた実力あるテスターがテストを担う
  • 岩手県など、産官学連携での第三者検証でコストを下げられる
  • 長年の実績と自動化ツールによる支援で納期を遵守できる
得意なテスティング領域
  • 業務システム
  • SaaSなどのWebサービス
  • スマートフォンアプリケーション

開発の検証に強い
VESの実績詳細を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

VESが
おすすめの理由をもっと読む

自社プロダクトの開発なら…
機能単位の高速開発に特化し、
豊富な実績と支援ツールで結果を出す
Veriserve
Veriserve公式サイト
引用元:Veriserve公式サイト
https://www.veriserve.co.jp/
おすすめの理由
  • テスト品質を上げる、自社製の開発支援ツールを提供できる
  • 沖縄に巨大拠点を持ち、コストを抑えたニアショアテストが可能
  • クラウドやSaaSのテスト実績豊富で、納期を維持するための知見が深い
得意なテスティング領域
  • アジャイル仕様の事業開発
  • 自社開発のSAPシステム
  • 自社プロダクトの検証PMO

自社プロダクトの検証に強い
Veriserveの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

Veriserveが
おすすめの理由をもっと読む

選定条件:
Googleで「第三者検証」と検索した結果から、第三者検証事業を営んでいる83の会社を調査。会社設立から20年以上のテスティング実績がある24社をピックアップ。その中から下記の条件で3社を選出。(調査日:2023年11月1日)

・エス・キュー・シーの選定理由:テスターに会社独自のテストメソッド教育を施している旨が公式サイトに記載されている会社の内、かつ組み込み開発のテスト事例が最も多い会社として選出。
・VES(ヴェス)の選定理由:公式サイトに掲載されている、Web開発領域の対応サービス範囲が最も広い会社として選出。
・Veriserveの選定理由:公式サイトに掲載されている、アジャイル開発の事例掲載数が最多の企業として選出。