第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch
第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch » 産業別 テスティング依頼のポイント » 医療機器のソフトウェアテスト

医療機器のソフトウェアテスト

目次

ここでは、医療機器のソフトウェアテストのポイントを紹介しています。医療機器のソフトウェア開発は、ほんのわずかな不具合も許されない、特に高度な精密さが求められる分野です。以下で取り上げる要素は特に抑えておく必要があります。

医療機器とテスティングにおける現状

医療機器は、人の健康に大きく関係する、場合によっては人の命を左右することもある重要なツールです。そのため、医療機器に搭載するソフトウェアの開発は高い精度が求められます。開発過程では十分な検証やテストを実施することも必要です。

ところが、現状では決して少なくない数の医療機器企業において、十分な検証やテストが行われずに出荷されているケースもあります。開発に携わる人的リソースが少なかったり、新製品の納期に追われたり、ソフトウェア開発に十分な比重を置くことができない事情があるからです。

こうした問題をクリアする方法の一つとして、外部の専門家に検証を依頼する、つまり第三者検証会社の存在がクローズアップされます。

医療機器にはさまざまな法律や
規制がある

医療機器ソフトウェア開発においては、リソースや納期の問題だけでなく、さらに難易度を高くしている要因があります。それは、国が定めるさまざまな法律や各種の規制です。

医療機器はその性能によって個人の健康や生命に影響を与えるため、十分に本来の性能を発揮して、人に害を及ぼすことがないことを保証するため、法令に基づく厳密な基準や要件をクリアすることが求められています

この点が、医療機器ソフトウェアのテスティング依頼における一つの重要なポイントです。すなわち、医療機器ソフトウェアでテストを行う際は、テクノロジーへの知識やスキルだけでなく、「法規制」への専門知識も必要になります。

技術的な要件をクリアするだけでなく、法規制をクリアした品質を確保する必要があるのです。品質検証においては、その観点でテストを実施する必要があります。

第三者検証の会社選びは「QCD」の課題解決力で決める!

ソフトウェアテストの悩みは、そのほとんどが「品質・コスト・納期(QCD)」に関わる課題です。しかも早急に対応が必要なことが多いので、QCDの課題解決に長年携わってきた、実績の豊富な第三者検証会社に依頼するのがベター。このサイトでは、「テスト対象別」におすすめの3社を詳しく紹介しています。ぜひ以下のボタンからチェックしてみてください。

第三者検証でおすすめの
企業3選はこちら

医療機器ソフトウェアの構造は
複雑なものが多い

医療機器は、技術の粋を集めた先端機器であるがゆえに、ソフトウェアの構造は複雑なものが少なくありません。ソフトウェアの構造が複雑になればなるほど、多くの難解なソースコードが記述されることになり、その分、潜在的なエラーが含まれている可能性が高まります。

もちろん、表面化していない潜在的なエラーであっても、見過ごすことはできません。十分な検証とテストを行い、早期にエラーを発見して修正をかけることが必要です。しかし、プログラムの規模が大きくなれば、ソースコード上で欠陥をチェックするのは大変な作業となります。

自社リソースだけでコーディングエラーを発見し処理するのは難しい場合もあるでしょう。そういう場合は、テスティングに関する外部の専門家、第三者検証会社に依頼することができます。第三者検証会社を活用すれば、自社リソースを割かずに不具合を発見しエラーを未然に防ぐことができるでしょう。

医療機器の検証実績がある
第三者検証会社に依頼する

医療機器ソフトウェアのテスティングを外注する際は、医療機器の検証実績が豊富な第三者検証会社に依頼するのがおすすめです。上述のとおり、医療機器は専門性の高い分野であるため、ソフトウェア開発の基本的な知識だけでなく、医療機器ソフトウェアに特化した専門知識やスキルが必要になります。

また、医療機器に詳しいだけでなく、医療機器に関わる法律や規制、規格などを熟知している第三者検証会社であれば、よりコミュニケーションもスムーズになるでしょう。

医療機器のソフトウェアテストのまとめ

医療機器のソフトウェアテストは高い専門性を有するため、自社リソースだけで対応できない場合は、外部の第三者検証会社に依頼することをおすすめします。業者選定のポイントは、医療機器のソフトウェア開発に関する専門知識を有すること、当該分野の検証実績が豊富なこと、そして関連した法律や法規制(規格を含む)に精通していることです。

テスト対象別 QCDの悩みに応える
第三者検証会社 3選

このサイトでは、第三者検証事業を行う会社83社の情報を取りまとめています。その中から、QCDの「Q=品質」をカバーする独自のテストメソッドを持ち、ニアショア・オフショア等で「C=コスト」を抑える手段を備え、豊富な実績で「D=納期」厳守に信頼が置ける、事業歴20年以上のテスト専門会社をピックアップ。その上で、テスト対象別におすすめの3社を紹介しています。

組み込み開発なら…
独自のテストメソッド教育と
30年の実績でQCDの悩みに応える
エス・キュー・シー
エス・キュー・シー公式サイト
引用元:エス・キュー・シー公式サイト
https://sqc.co.jp/
おすすめの理由
  • 会社独自のテストメソッドを学んだテスターが高品質の検証を行う
  • 沖縄・上海・ベトナムに検証拠点を持ち、コストダウンを見込める
  • 30年近い検証実績があり、テストスケジュールの精度が高い
得意なテスティング領域
  • 医療機器
  • 光学電子機器
  • 家電・自動車

組み込み開発の検証に強い
エス・キュー・シーの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

エス・キュー・シーが
おすすめの理由をもっと読む

Web開発なら…
幅広いWeb開発領域に対応し
ニアショアと自動化で課題を解決する
VES
VES(ヴェス)公式サイト
引用元:VES公式サイト
https://www.ves.co.jp/
おすすめの理由
  • IT検証技術者認定を受けた実力あるテスターがテストを担う
  • 岩手県など、産官学連携での第三者検証でコストを下げられる
  • 長年の実績と自動化ツールによる支援で納期を遵守できる
得意なテスティング領域
  • 業務システム
  • SaaSなどのWebサービス
  • スマートフォンアプリケーション

開発の検証に強い
VESの実績詳細を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

VESが
おすすめの理由をもっと読む

自社プロダクトの開発なら…
機能単位の高速開発に特化し、
豊富な実績と支援ツールで結果を出す
Veriserve
Veriserve公式サイト
引用元:Veriserve公式サイト
https://www.veriserve.co.jp/
おすすめの理由
  • テスト品質を上げる、自社製の開発支援ツールを提供できる
  • 沖縄に巨大拠点を持ち、コストを抑えたニアショアテストが可能
  • クラウドやSaaSのテスト実績豊富で、納期を維持するための知見が深い
得意なテスティング領域
  • アジャイル仕様の事業開発
  • 自社開発のSAPシステム
  • 自社プロダクトの検証PMO

自社プロダクトの検証に強い
Veriserveの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

Veriserveが
おすすめの理由をもっと読む

選定条件:
Googleで「第三者検証」と検索した結果から、第三者検証事業を営んでいる83の会社を調査。会社設立から20年以上のテスティング実績がある24社をピックアップ。その中から下記の条件で3社を選出。(調査日:2023年11月1日)

・エス・キュー・シーの選定理由:テスターに会社独自のテストメソッド教育を施している旨が公式サイトに記載されている会社の内、かつ組み込み開発のテスト事例が最も多い会社として選出。
・VES(ヴェス)の選定理由:公式サイトに掲載されている、Web開発領域の対応サービス範囲が最も広い会社として選出。
・Veriserveの選定理由:公式サイトに掲載されている、アジャイル開発の事例掲載数が最多の企業として選出。