第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch
第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch » ソフトウェア検証の基礎知識と外注すべき理由 » ウォーターフォール開発とは

ウォーターフォール開発とは

システムやソフトウェア開発で用いられる方法の一つ「ウォーターフォール開発」とはどのような内容なのか、メリットやデメリット、他の開発方法との違いについて解説していきます。

ウォーターフォール開発の概要

ウォーターフォール開発とは、文字通り「滝(Waterfall)」のように水が上から下へと流れていくようなイメージの開発のことです。上流工程から下流工程へと定められた順番通りに開発が進められていくのが特徴で、基本的に手戻りがありません。

ウォーターフォール開発は1970年頃にすでに開発手法として知られており、様々な種類がある開発手法の中でも最も認知度が高いとされています。現在も多くのプロジェクトで採用されており、主に大規模で複雑なプロジェクトに用いられています。

ウォーターフォール開発は、以上のように大きく分けて8つの工程に分けられています。

  1. 要件定義
  2. 外部設計
  3. 内部設計
  4. 実装
  5. 単体テスト
  6. 統合テスト
  7. 運用テスト
  8. リリース
第三者検証の会社選びは「QCD」の課題解決力で決める!

ソフトウェアテストの悩みは、そのほとんどが「品質・コスト・納期(QCD)」に関わる課題です。しかも早急に対応が必要なことが多いので、QCDの課題解決に長年携わってきた、実績の豊富な第三者検証会社に依頼するのがベター。このサイトでは、「テスト対象別」におすすめの3社を詳しく紹介しています。ぜひ以下のボタンからチェックしてみてください。

第三者検証でおすすめの
企業3選はこちら

ウォーターフォール開発のメリット

作業の進捗を把握・管理しやすい

開発中の進捗状況を把握・管理しやすく、開発にかかわっているエンジニアやスタッフも管理しやすいのがメリットです。開発のスタート段階で大まかな作業量を把握しておくこともできます。コスト面で無駄を省いたり、業務を円滑に引き継いだりといったことも容易であり、スケジュールも立てやすいでしょう。

品質を担保した開発を行いやすい

事前に定められた計画・仕様通りに開発が進められていくことから、途中で方向性を誤ったり、仕様から逸れたりといったリスクを防ぎやすくなります。完成品の品質を担保しやすく、クライアントの安心にも繋がりやすいでしょう。

事例が多いため様々な開発に用いやすい

長年にわたってシステム・ソフトウェア開発に用いられてきた歴史を持つウォーターフォール開発は、伝統とも言えるほど豊富に事例が存在しています。要件が明確になっていれば様々なプロジェクトに応用しやすく、工程ごとに丁寧に計画を立てやすいでしょう。

ウォーターフォール開発のデメリット

開発期間が長引きやすい

じっくりと企画や要件定義を行ってからやっと開発がスタートするため、開発期間は長めです。スピード重視の開発案件にはあまり向いていません。品質が高い分、時間がかかりやすいと言えるでしょう。

トラブル発生時のリスクやコストが大きい

複数の工程を持つウォーターフォール開発は、システム修正やアクシデントの発生によって工数が大幅に増加します。上流工程からやり直すことになった場合は、計画が後ろ倒しになるケースも考えられます。

仕様・計画を変更しづらい

計画通りに業務を進行できなくなった場合、突如仕様を変更するということが難しいのがウォーターフォール開発のデメリットです。前段階からさかのぼってやり直す必要があるため、臨機応変に対応しづらい面があります。

ウォーターフォール開発が適切なケース

ウォーターフォール開発が適しているのは、以下のようなケースです。

アジャイル開発との違い

アジャイルとは「素早い」を意味する言葉です。スピード重視の開発が可能であり、「イテレーション」と呼ばれる反復サイクルを繰り返しながら完成度を高めていく開発方法になっています。

途中で仕様の変更が生じても臨機応変に対応しやすい反面、進捗管理の難しさがデメリットとして挙げられる開発スタイルです。

テスト対象別 QCDの悩みに応える
第三者検証会社 3選

このサイトでは、第三者検証事業を行う会社83社の情報を取りまとめています。その中から、QCDの「Q=品質」をカバーする独自のテストメソッドを持ち、ニアショア・オフショア等で「C=コスト」を抑える手段を備え、豊富な実績で「D=納期」厳守に信頼が置ける、事業歴20年以上のテスト専門会社をピックアップ。その上で、テスト対象別におすすめの3社を紹介しています。

組み込み開発なら…
独自のテストメソッド教育と
30年の実績でQCDの悩みに応える
エス・キュー・シー
エス・キュー・シー公式サイト
引用元:エス・キュー・シー公式サイト
https://sqc.co.jp/
おすすめの理由
  • 会社独自のテストメソッドを学んだテスターが高品質の検証を行う
  • 沖縄・上海・ベトナムに検証拠点を持ち、コストダウンを見込める
  • 30年近い検証実績があり、テストスケジュールの精度が高い
得意なテスティング領域
  • 医療機器
  • 光学電子機器
  • 家電・自動車

組み込み開発の検証に強い
エス・キュー・シーの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

エス・キュー・シーが
おすすめの理由をもっと読む

Web開発なら…
幅広いWeb開発領域に対応し
ニアショアと自動化で課題を解決する
VES
VES(ヴェス)公式サイト
引用元:VES公式サイト
https://www.ves.co.jp/
おすすめの理由
  • IT検証技術者認定を受けた実力あるテスターがテストを担う
  • 岩手県など、産官学連携での第三者検証でコストを下げられる
  • 長年の実績と自動化ツールによる支援で納期を遵守できる
得意なテスティング領域
  • 業務システム
  • SaaSなどのWebサービス
  • スマートフォンアプリケーション

開発の検証に強い
VESの実績詳細を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

VESが
おすすめの理由をもっと読む

自社プロダクトの開発なら…
機能単位の高速開発に特化し、
豊富な実績と支援ツールで結果を出す
Veriserve
Veriserve公式サイト
引用元:Veriserve公式サイト
https://www.veriserve.co.jp/
おすすめの理由
  • テスト品質を上げる、自社製の開発支援ツールを提供できる
  • 沖縄に巨大拠点を持ち、コストを抑えたニアショアテストが可能
  • クラウドやSaaSのテスト実績豊富で、納期を維持するための知見が深い
得意なテスティング領域
  • アジャイル仕様の事業開発
  • 自社開発のSAPシステム
  • 自社プロダクトの検証PMO

自社プロダクトの検証に強い
Veriserveの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

Veriserveが
おすすめの理由をもっと読む

選定条件:
Googleで「第三者検証」と検索した結果から、第三者検証事業を営んでいる83の会社を調査。会社設立から20年以上のテスティング実績がある24社をピックアップ。その中から下記の条件で3社を選出。(調査日:2023年11月1日)

・エス・キュー・シーの選定理由:テスターに会社独自のテストメソッド教育を施している旨が公式サイトに記載されている会社の内、かつ組み込み開発のテスト事例が最も多い会社として選出。
・VES(ヴェス)の選定理由:公式サイトに掲載されている、Web開発領域の対応サービス範囲が最も広い会社として選出。
・Veriserveの選定理由:公式サイトに掲載されている、アジャイル開発の事例掲載数が最多の企業として選出。