第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch
第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch » ソフトウェア検証の基礎知識と外注すべき理由 » アクセシビリティテストの重要性と方法

アクセシビリティテストの重要性と方法

ウェブを通した情報獲得が日常的に行われている今、ウェブを利用できないだけで社会参加できないことも考えられるようになりました。公的機関が発信する防災情報を得られなければ命の危険につながることもあるため、アクセシビリティの重要性が高まっています。

また、2013年6月に制定された「障害者差別解消法」により、身体的な機能に支障なく利用できることも求められるようになりました。この記事では、アクセシビリティの概要や重要性について改めて確認していきましょう。

アクセシビリティとは

ソフトウェアのアクセシビリティはいくつかの定義があります。ここでは、3つの定義について紹介します。

WCAG

WCAGは、ウェブアクセシビリティに関する世界的な基準です。作成しているのはウェブの世界的標準化を目指す国際的な団体であるW3C。様々な障害がある人でもりようできることを目指しています。

最新のWCAG3.0では、WCAG2.Xよりも分かりやすく柔軟性があることを目的としており、より多くの利用者のニーズをカバーできるよう目指しています。

ISO/IEC 25010の品質モデル

ISOは電気分野以外の国際基準、IECは電気分野の国際標準であり、製品の品質や性能、安全性などを国際的に取り決めています。ISO/IEC 25010はISO/IEC 25000を基に技術的内容や構成を変更した日本工業規格です。

※出典:JSA GROUP JIS X 25000:2017
(https://webdesk.jsa.or.jp/books/W11M0090/index/?bunsyo_id=JIS+X+25000%3A2017)

ISO/IEC 25010の品質モデルにも使用性であるUsabilityの副産物として、アクセシビリティがあります。幅広い範囲の心身特性および能力の人に使用できるようにする、と定義されています。つまり、Webぺージなどで工法する場合情報を多くの人にまんべんなく伝えることが求められているのです。

ISTQBのシラバス

ISTQBとはソフトウェアテスト技術者の認定資格です。国際ソフトウェアテスト資格認定委員会であるISTQBが認定資格試験の出題範囲を決め、各国の加盟組織と連携・相互認証を行っています。そこで重要となるのが、各試験のシラバスです。ISTQBの内容に基づき日本語に翻訳・作成されているものですが、そこでは思考発話法を使うことが注目ポイントとされています。

アクセシビリティテストの重要性

開発の効率化

ソフトウェア開発の早い段階でアクセシビリティテストを行うことで、潜在的な問題を発見して速やかな開発を行うことができます。

アクセシビリティ法への対応

世界各国に障碍者がIT製品にアクセスするための法律を定めています。アメリカではアメリカ障害者法、イギリスでは障害者差別禁止法、日本では障害者差別解消法があり、アクセシビリティテストを行うことは法的順守を確保する目的でも行われているのです。

訴訟問題の回避

製品が障碍に対応していない、障碍者が利用できないようになっているなどの理由で訴訟を起こされたケースがあります。アクセシビリティテストを行い、障碍者でも利用できるように対応することで潜在的な訴訟問題を回避することにつながるのです。

障碍者市場の獲得

人口の約2割が障害を抱えているとされ、その市場は13兆ドル以上とも言われています。盲目、少額障害、身体障害などを抱える障碍者向けにソフトウェア製品を作ることができれば、この大きな市場を獲得できる可能性があると言えるのです。

アクセシビリティテストはより多くの人に製品を提供するために重要

アクセシビリティは、障害を持つ人などより多くの生活者に平等に情報を発信することができるようになるため、大きな市場規模を獲得できる可能性があります。潜在的な訴訟リスクを避けることもできますので、できることから始めてみましょう。

テスト対象別 QCDの悩みに応える
第三者検証会社 3選

このサイトでは、第三者検証事業を行う会社83社の情報を取りまとめています。その中から、QCDの「Q=品質」をカバーする独自のテストメソッドを持ち、ニアショア・オフショア等で「C=コスト」を抑える手段を備え、豊富な実績で「D=納期」厳守に信頼が置ける、事業歴20年以上のテスト専門会社をピックアップ。その上で、テスト対象別におすすめの3社を紹介しています。

組み込み開発なら…
独自のテストメソッド教育と
30年の実績でQCDの悩みに応える
エス・キュー・シー
エス・キュー・シー公式サイト
引用元:エス・キュー・シー公式サイト
https://sqc.co.jp/
おすすめの理由
  • 会社独自のテストメソッドを学んだテスターが高品質の検証を行う
  • 沖縄・上海・ベトナムに検証拠点を持ち、コストダウンを見込める
  • 30年近い検証実績があり、テストスケジュールの精度が高い
得意なテスティング領域
  • 医療機器
  • 光学電子機器
  • 家電・自動車

組み込み開発の検証に強い
エス・キュー・シーの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

エス・キュー・シーが
おすすめの理由をもっと読む

Web開発なら…
幅広いWeb開発領域に対応し
ニアショアと自動化で課題を解決する
VES
VES(ヴェス)公式サイト
引用元:VES公式サイト
https://www.ves.co.jp/
おすすめの理由
  • IT検証技術者認定を受けた実力あるテスターがテストを担う
  • 岩手県など、産官学連携での第三者検証でコストを下げられる
  • 長年の実績と自動化ツールによる支援で納期を遵守できる
得意なテスティング領域
  • 業務システム
  • SaaSなどのWebサービス
  • スマートフォンアプリケーション

開発の検証に強い
VESの実績詳細を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

VESが
おすすめの理由をもっと読む

自社プロダクトの開発なら…
機能単位の高速開発に特化し、
豊富な実績と支援ツールで結果を出す
Veriserve
Veriserve公式サイト
引用元:Veriserve公式サイト
https://www.veriserve.co.jp/
おすすめの理由
  • テスト品質を上げる、自社製の開発支援ツールを提供できる
  • 沖縄に巨大拠点を持ち、コストを抑えたニアショアテストが可能
  • クラウドやSaaSのテスト実績豊富で、納期を維持するための知見が深い
得意なテスティング領域
  • アジャイル仕様の事業開発
  • 自社開発のSAPシステム
  • 自社プロダクトの検証PMO

自社プロダクトの検証に強い
Veriserveの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

Veriserveが
おすすめの理由をもっと読む

選定条件:
Googleで「第三者検証」と検索した結果から、第三者検証事業を営んでいる83の会社を調査。会社設立から20年以上のテスティング実績がある24社をピックアップ。その中から下記の条件で3社を選出。(調査日:2023年11月1日)

・エス・キュー・シーの選定理由:テスターに会社独自のテストメソッド教育を施している旨が公式サイトに記載されている会社の内、かつ組み込み開発のテスト事例が最も多い会社として選出。
・VES(ヴェス)の選定理由:公式サイトに掲載されている、Web開発領域の対応サービス範囲が最も広い会社として選出。
・Veriserveの選定理由:公式サイトに掲載されている、アジャイル開発の事例掲載数が最多の企業として選出。