第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch
第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch » ニアショア・オフショアのメリット

ニアショア・オフショアのメリット

目次

ソフトウェアテストの注文形態には、大きく「ニアショア」「オフショア」の2つがあります。ニアショアは(日本)国内の地方企業にテストを外注すること、オフショアは海外の企業に外注することです。ここでは、それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

ニアショアの
メリット・デメリット

ニアショアのメリット

コスト削減がしやすい

ニアショアを利用すると、テストに携わる人材を自社で用意する必要がなくなるため、人件費などの固定費を削減することができます。この点はオフショアの場合も同じですが、ニアショアの方が言葉の壁がないため、コミュニケーションがスムーズになる点で、時間的なコストも削減しやすいのがメリット。

担当者がコア業務に集中できる

外注を利用しない場合は、検査業務を自社で行うことになりますが、その場合は自社の人的リソースを大幅に割くことになります。ニアショアを活用すれば、限られた人的資源を効率よく用いることができるようになり、担当者を本来のコア業務に専念させることが可能です。

為替リスクやカントリーリスクがない

海外に発注するオフショアと比べて、ニアショアはすべて国内の企業に外注するため、為替変動リスクやカントリーリスクを考慮する必要がありません。取引慣行においても、社会情勢に関しても、普段と変わらない感覚で対応可能です。

ニアショアのデメリット

オフショアよりもコスト削減効果が小さい

ニアショアにおけるコスト削減効果は、オフショアと比べると幅が小さくなります。オフショアの場合は、中国やインドなど日本より通貨価値の低い国々に発注するため、為替差益による大幅なコスト削減が望めますが、ニアショアの場合は為替差益による大幅なコスト削減は期待できません

ニーズに合った人材を確保しづらい

ニアショアでは主に国内における地方の企業にテストを外注しますが、地方は都市部と比べて人口が少ないため、自社のニーズに合った人材を確保することが困難です。かえって、必要な人材を見つけるためのコストがかかります。

第三者検証の会社選びは「QCD」の課題解決力で決める!

ソフトウェアテストの悩みは、そのほとんどが「品質・コスト・納期(QCD)」に関わる課題です。しかも早急に対応が必要なことが多いので、QCDの課題解決に長年携わってきた、実績の豊富な第三者検証会社に依頼するのがベター。このサイトでは、「テスト対象別」におすすめの3社を詳しく紹介しています。ぜひ以下のボタンからチェックしてみてください。

第三者検証でおすすめの
企業3選はこちら

オフショアの
メリット・デメリット

オフショアのメリット

大幅なコスト削減が期待できる

オフショアによるテスト外注では、日本円と比較して通貨価値の低い国々との取引となるため、ニアショアよりも大幅なコスト削減効果が期待できます。人件費その他の固定費を大幅に削減しやすいのが利点です。

人材採用における選択肢が広がる

オフショア(海外)では、日本では見つからないような専門的スキルを持った人材が見つかる場合があります。そのため人材採用における選択肢の幅が広がり、より自社に適した人材を確保しやすいのが大きなメリットです。

タイムリーなやり取りが可能

オフショアテストは海外との取引となるため、時差の関係でタイムリーなやり取りが難しいと思われがちですが、現実は逆です。多くの場合、オフショアテストは中国や東南アジアなど日本と近い国々が選ばれるため、時差の問題はほとんどなく、タイムリーなコミュニケーションが可能となります。

オフショアのデメリット

言語の壁がある

オフショアでは時差の問題は最小限におさえられても、言語の障壁は存在します。外国語に堪能なコミュニケーターを用意できない場合、コミュニケーションが困難になる可能性が高いです。円滑に意思の疎通をとるための対策が必要になります。

カントリーリスクがある

外国企業を相手にするオフショアテストでは、お互いの国の文化の違いによる、認識齟齬やミスマッチが生じる可能性があります。その結果、こちらの要望どおりの検証業務が行われないリスクもあるため注意が必要です。

ニアショア・オフショアの
メリットのまとめ

ニアショアとオフショアは双方にメリット・デメリットがあります。ニアショアは為替リスクやカントリーリスクが無いのがメリットですが、オフショアと比べるとコスト削減効果は小さくなります。対してオフショアは、大幅なコスト削減効果が期待できますが、言語の壁やカントリーリスクがあります。どちらも長所と短所があるため、十分に比較検討して自社に適した方法を選ぶことが重要です。

第三者検証の依頼先は、自社のプロジェクトの特性と課題、参画のタイミングで適した企業を検討しましょう。

第三者検証でおすすめの
企業3選はこちら

テスト対象別 QCDの悩みに応える
第三者検証会社 3選

このサイトでは、第三者検証事業を行う会社83社の情報を取りまとめています。その中から、QCDの「Q=品質」をカバーする独自のテストメソッドを持ち、ニアショア・オフショア等で「C=コスト」を抑える手段を備え、豊富な実績で「D=納期」厳守に信頼が置ける、事業歴20年以上のテスト専門会社をピックアップ。その上で、テスト対象別におすすめの3社を紹介しています。

組み込み開発なら…
独自のテストメソッド教育と
30年の実績でQCDの悩みに応える
エス・キュー・シー
エス・キュー・シー公式サイト
引用元:エス・キュー・シー公式サイト
https://sqc.co.jp/
おすすめの理由
  • 会社独自のテストメソッドを学んだテスターが高品質の検証を行う
  • 沖縄・上海・ベトナムに検証拠点を持ち、コストダウンを見込める
  • 30年近い検証実績があり、テストスケジュールの精度が高い
得意なテスティング領域
  • 医療機器
  • 光学電子機器
  • 家電・自動車

組み込み開発の検証に強い
エス・キュー・シーの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

エス・キュー・シーが
おすすめの理由をもっと読む

Web開発なら…
幅広いWeb開発領域に対応し
ニアショアと自動化で課題を解決する
VES
VES(ヴェス)公式サイト
引用元:VES公式サイト
https://www.ves.co.jp/
おすすめの理由
  • IT検証技術者認定を受けた実力あるテスターがテストを担う
  • 岩手県など、産官学連携での第三者検証でコストを下げられる
  • 長年の実績と自動化ツールによる支援で納期を遵守できる
得意なテスティング領域
  • 業務システム
  • SaaSなどのWebサービス
  • スマートフォンアプリケーション

開発の検証に強い
VESの実績詳細を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

VESが
おすすめの理由をもっと読む

自社プロダクトの開発なら…
機能単位の高速開発に特化し、
豊富な実績と支援ツールで結果を出す
Veriserve
Veriserve公式サイト
引用元:Veriserve公式サイト
https://www.veriserve.co.jp/
おすすめの理由
  • テスト品質を上げる、自社製の開発支援ツールを提供できる
  • 沖縄に巨大拠点を持ち、コストを抑えたニアショアテストが可能
  • クラウドやSaaSのテスト実績豊富で、納期を維持するための知見が深い
得意なテスティング領域
  • アジャイル仕様の事業開発
  • 自社開発のSAPシステム
  • 自社プロダクトの検証PMO

自社プロダクトの検証に強い
Veriserveの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

Veriserveが
おすすめの理由をもっと読む

選定条件:
Googleで「第三者検証」と検索した結果から、第三者検証事業を営んでいる83の会社を調査。会社設立から20年以上のテスティング実績がある24社をピックアップ。その中から下記の条件で3社を選出。(調査日:2023年11月1日)

・エス・キュー・シーの選定理由:テスターに会社独自のテストメソッド教育を施している旨が公式サイトに記載されている会社の内、かつ組み込み開発のテスト事例が最も多い会社として選出。
・VES(ヴェス)の選定理由:公式サイトに掲載されている、Web開発領域の対応サービス範囲が最も広い会社として選出。
・Veriserveの選定理由:公式サイトに掲載されている、アジャイル開発の事例掲載数が最多の企業として選出。