第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch
第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch » ソフトウェアテストの種類 » ブラックボックステストの目的と注意点

ブラックボックステストの目的と注意点

ソフトウェアテストの方法の一つである「ブラックボックステスト」について、テストの内容や特徴、方法の種類について解説していきます。

ブラックボックステストとは

ソフトウェアテストの一つとして挙げられる「ブラックボックステスト」とは、システムの内部構造を考慮せず、インプット・アウトプットのみに着目してテスト対象の振る舞いを確認する方法のことを言います。「振る舞い技法」「振る舞いベースの技法」という呼び方をされることもあり、システムの内部構造に着目するテストである「ホワイトボックステスト」とは大きく異なります。

ブラックボックステストではシステム自体の仕様を満たしているかどうか、画面表示などのユーザーインターフェースの不具合・レイアウト崩れなどがないかを確認するのがねらいです。性能の確認や、使用上の不便さなどを確認するために行われます。

ブラックボックステストの方法

ブラックボックステストを行うにあたり、以下のようなテスト方法が存在します。

同値分割法

テスト対象のシステムにおいて、同等に処理されると想定したデータを「同値パーティション」「同値クラス」と呼ばれるグループに振り分けてテストを行います。

例えばユーザーを「20歳以上」「20歳未満」で振り分けるテストを行う場合、0歳~19歳の人は等しく「20歳未満」として振り分けられるため、「同値クラス」とします。

テストとしての有効性を保ちながら、テストケースを大きく削減して効率を高めるのが目的です。

境界値分析

同値分割法を拡張したテスト方法として知られており、同値クラスにおける最小値・最大値を「境界値」と定義した上で、その境界値や前後の値を用いてテストを行う方法です。

境界値の付近では特に不具合が発生しやすいとされているため、境界値分析を用いて境界値付近を重点的に検証することが重要になります。

デシジョンテーブルテスト

デシジョンテーブル(決定表)は、対象が取り得る条件とそれに伴う結果として生じる動作を整理し記述した表を指します。このデシジョンテーブルを用いてテストを行う方法が「デシジョンテーブルテスト」です。

デシジョンテーブルテストでは、それぞれ条件が真であることを「Y」、条件が偽であることを「N」と記します。さまざまな条件と動作をもれなく洗い出すことができるため、テスト漏れや不具合の検出漏れを防ぐ目的で行われます。

シナリオテスト

テスト対象のシステムとやり取りするユーザーやシステムと、テスト対象との相互作用を表現したものを「ユースケース」と呼びます。シナリオテストでは、ユースケースよりも自由度の高いシナリオに基づいてテストを実行します。

例えば2つ以上のユースケースを横断するようなシナリオを作ってテストを行うこともあります。

ユースケーステスト

ユースケーステストは、ユースケース図・記述によって条件が明確化されており、ユースケースをテストベースとしてテストを設計・実行します。

テストケースがやみくもに発散してしまうことを防ぐ他、トレーサビリティ・網羅性をチェックしやすいという特徴があります。

第三者検証の会社選びは「QCD」の課題解決力で決める!

ソフトウェアテストの悩みは、そのほとんどが「品質・コスト・納期(QCD)」に関わる課題です。しかも早急に対応が必要なことが多いので、QCDの課題解決に長年携わってきた、実績の豊富な第三者検証会社に依頼するのがベター。このサイトでは、「テスト対象別」におすすめの3社を詳しく紹介しています。ぜひ以下のボタンからチェックしてみてください。

第三者検証でおすすめの
企業3選はこちら

ブラックボックステストのメリットとデメリット

ブラックボックステストを行うことには、以下のようなメリット・デメリットが挙げられます。

メリット

ブラックボックステストの特徴は、内部構造や情報の処理方法などを一切考慮しないという点です。そのためテスト自体に時間がかかることはなく、結果重視の効率的なテストを実施できるのがメリットです。

また、効率的なテストでありながらも、ユーザーインターフェースの不具合や正しい出力ができているかの確認をハッキリと取ることができるのも特徴。短時間で使用上の不便さやデザインなどを確認できるため、ユーザー視点からの評価をしやすいという点もメリットとして挙げられます。

デメリット

内部構造や情報の処理方法を一切考慮しないため、内部の潜在的なバグや不具合を検知しきれない点はブラックボックステストのデメリットです。そもそもの仕様が間違っていたり、抜け漏れ・矛盾が含まれたりする場合には適切なテストを行えません。

もし仕様に間違いがある場合は不具合として扱われるべきですが、ブラックボックステストでは結果が「仕様通り」となれば不具合が見逃されてしまいます。

また、エンジニア自身がテスト対象への深い理解・注意力を持つことが、ブラックボックステストでは必要不可欠となります。

ホワイトボックステストとの違い

ホワイトボックステストは、ブラックボックステストと対象にテスト対象内の構造と処理に重点を置いたテストです。詳細設計やコードなどの正しさを確認する必要があるためテストエンジニアが行うブラックボックステストと違い、テスト対象のコードや内部構造をしっかり把握している開発者が実施するという特徴があります。

また、ホワイトボックステストプログラムの規模が大きくなるほど理解に時間がかかるため、コストが増大しやすいという特徴もあります。

テスト対象別 QCDの悩みに応える
第三者検証会社 3選

このサイトでは、第三者検証事業を行う会社83社の情報を取りまとめています。その中から、QCDの「Q=品質」をカバーする独自のテストメソッドを持ち、ニアショア・オフショア等で「C=コスト」を抑える手段を備え、豊富な実績で「D=納期」厳守に信頼が置ける、事業歴20年以上のテスト専門会社をピックアップ。その上で、テスト対象別におすすめの3社を紹介しています。

組み込み開発なら…
独自のテストメソッド教育と
30年の実績でQCDの悩みに応える
エス・キュー・シー
エス・キュー・シー公式サイト
引用元:エス・キュー・シー公式サイト
https://sqc.co.jp/
おすすめの理由
  • 会社独自のテストメソッドを学んだテスターが高品質の検証を行う
  • 沖縄・上海・ベトナムに検証拠点を持ち、コストダウンを見込める
  • 30年近い検証実績があり、テストスケジュールの精度が高い
得意なテスティング領域
  • 医療機器
  • 光学電子機器
  • 家電・自動車

組み込み開発の検証に強い
エス・キュー・シーの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

エス・キュー・シーが
おすすめの理由をもっと読む

Web開発なら…
幅広いWeb開発領域に対応し
ニアショアと自動化で課題を解決する
VES
VES(ヴェス)公式サイト
引用元:VES公式サイト
https://www.ves.co.jp/
おすすめの理由
  • IT検証技術者認定を受けた実力あるテスターがテストを担う
  • 岩手県など、産官学連携での第三者検証でコストを下げられる
  • 長年の実績と自動化ツールによる支援で納期を遵守できる
得意なテスティング領域
  • 業務システム
  • SaaSなどのWebサービス
  • スマートフォンアプリケーション

開発の検証に強い
VESの実績詳細を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

VESが
おすすめの理由をもっと読む

自社プロダクトの開発なら…
機能単位の高速開発に特化し、
豊富な実績と支援ツールで結果を出す
Veriserve
Veriserve公式サイト
引用元:Veriserve公式サイト
https://www.veriserve.co.jp/
おすすめの理由
  • テスト品質を上げる、自社製の開発支援ツールを提供できる
  • 沖縄に巨大拠点を持ち、コストを抑えたニアショアテストが可能
  • クラウドやSaaSのテスト実績豊富で、納期を維持するための知見が深い
得意なテスティング領域
  • アジャイル仕様の事業開発
  • 自社開発のSAPシステム
  • 自社プロダクトの検証PMO

自社プロダクトの検証に強い
Veriserveの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

Veriserveが
おすすめの理由をもっと読む

選定条件:
Googleで「第三者検証」と検索した結果から、第三者検証事業を営んでいる83の会社を調査。会社設立から20年以上のテスティング実績がある24社をピックアップ。その中から下記の条件で3社を選出。(調査日:2023年11月1日)

・エス・キュー・シーの選定理由:テスターに会社独自のテストメソッド教育を施している旨が公式サイトに記載されている会社の内、かつ組み込み開発のテスト事例が最も多い会社として選出。
・VES(ヴェス)の選定理由:公式サイトに掲載されている、Web開発領域の対応サービス範囲が最も広い会社として選出。
・Veriserveの選定理由:公式サイトに掲載されている、アジャイル開発の事例掲載数が最多の企業として選出。