第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch
第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch » ソフトウェアテストの種類 » E2E(エンドツーエンドテスト)の目的と注意点

E2E(エンドツーエンドテスト)の目的と注意点

E2E(エンドツーエンドテスト)とは

E2Eとは、「End To End(エンドトゥエンド)」の頭文字をとったものです。直訳すれば、「端から端までのテスト」となることから分かるように、E2Eテストでは、システムやアプリケーションの全体について、ユーザーの視点に立って、実際的な状況をシミュレートしながら、不具合がないかどうか、期待通りの動作をしているかどうかを検証するテストです。

具体例として、ECサイトを取り上げてみましょう。ECサイトにE2Eテストを行う場合、サイトにアクセスし、商品を探し、商品をカートに入れ、決済を行い、確認用メールを受け取るといった、そのサイトをユーザーが利用するときに行うであろう一連のプロセスを実際に行います。

以上のように、ソフトやシステムが全体として正しく動作するかどうかを、ユーザーの視点で、実際の状況をシミュレートしながら検証するのがE2Eテストです。

E2E(エンドツーエンドテスト)の目的

ユーザーエクスペリエンスを高める

すでに触れたように、E2Eテストを行うことで、ソフトウェア・システムの持つ潜在的な不具合を、ユーザーの視点で明らかにすることが出来ます。ソフトウェア・システムのユーザーエクスペリエンスを高めるのに、E2Eテストは適したテストであると言えます。

トラブルやクレームを未然に防ぐ

ユーザーの視点でソフトウェア・システムの検証を行うE2Eテストを行うことで、ユーザーが遭遇するであろうトラブルを事前に見つけ、トラブルやクレームを未然に防ぐことが出来ます。

第三者検証の会社選びは「QCD」の課題解決力で決める!

ソフトウェアテストの悩みは、そのほとんどが「品質・コスト・納期(QCD)」に関わる課題です。しかも早急に対応が必要なことが多いので、QCDの課題解決に長年携わってきた、実績の豊富な第三者検証会社に依頼するのがベター。このサイトでは、「テスト対象別」におすすめの3社を詳しく紹介しています。ぜひ以下のボタンからチェックしてみてください。

第三者検証でおすすめの
企業3選はこちら

E2E(エンドツーエンドテスト)の注意点

テスト環境を構築する必要がある

E2Eは、実際的な状況をシミュレートとしてソフトウェア・システムの検証を行います。そのため、場合によっては、テスト用のサーバーやデータベースを構築する必要があります。このように、準備に手間が掛かるという点は、E2Eテストの大きな難点の一つと言えます。

自動化が難しく手間と時間がかかる

自動化されたテストは、特定の条件下における不具合しか検出することが出来ません。そのため、実際的な状況をシミュレートして行うE2Eテストは自動化が難しく、基本的にテスターが手動で行う必要があります。

自動化できない分だけ、手間と時間がかかる、という点もE2Eテストの大きな難点と言えます。

テストに外部リソースを活用するメリット

様々なメリットがあるE2Eテストですが、テスト環境を構築しなければならず、テストそのものもテスターが手動で行う必要なので多くの人的リソースが必要となる、という難点があります。また、E2Eテストを行うには、相応の知識や素質が必要となり、どんなスタッフおよび社員であっても任せることが出来るという訳ではありません。また、社内にE2Eテストのためのチームを立ち上げたとしても、大きな不具合が見つかった場合等には更なるスケジュール調整が必要になり、あるいは、ソフトウェア・システムのリリース後にはチームを解体する必要がある、など煩雑なマネジメントが必要になります。

E2Eテストを社内で実施することでノウハウを蓄積できるといったメリットはあるものの、基本的には、E2Eテストはアウトソーシングが適していると言えます。最近では、第三者検証サービスの一環としてE2Eテストを代行する業者も増えてきています。それぞれの業者の特徴を冷静に比較し、自社のニーズにあう業者を見つけるようにすると良いでしょう。

テスト対象別 QCDの悩みに応える
第三者検証会社 3選

このサイトでは、第三者検証事業を行う会社83社の情報を取りまとめています。その中から、QCDの「Q=品質」をカバーする独自のテストメソッドを持ち、ニアショア・オフショア等で「C=コスト」を抑える手段を備え、豊富な実績で「D=納期」厳守に信頼が置ける、事業歴20年以上のテスト専門会社をピックアップ。その上で、テスト対象別におすすめの3社を紹介しています。

組み込み開発なら…
独自のテストメソッド教育と
30年の実績でQCDの悩みに応える
エス・キュー・シー
エス・キュー・シー公式サイト
引用元:エス・キュー・シー公式サイト
https://sqc.co.jp/
おすすめの理由
  • 会社独自のテストメソッドを学んだテスターが高品質の検証を行う
  • 沖縄・上海・ベトナムに検証拠点を持ち、コストダウンを見込める
  • 30年近い検証実績があり、テストスケジュールの精度が高い
得意なテスティング領域
  • 医療機器
  • 光学電子機器
  • 家電・自動車

組み込み開発の検証に強い
エス・キュー・シーの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

エス・キュー・シーが
おすすめの理由をもっと読む

Web開発なら…
幅広いWeb開発領域に対応し
ニアショアと自動化で課題を解決する
VES
VES(ヴェス)公式サイト
引用元:VES公式サイト
https://www.ves.co.jp/
おすすめの理由
  • IT検証技術者認定を受けた実力あるテスターがテストを担う
  • 岩手県など、産官学連携での第三者検証でコストを下げられる
  • 長年の実績と自動化ツールによる支援で納期を遵守できる
得意なテスティング領域
  • 業務システム
  • SaaSなどのWebサービス
  • スマートフォンアプリケーション

開発の検証に強い
VESの実績詳細を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

VESが
おすすめの理由をもっと読む

自社プロダクトの開発なら…
機能単位の高速開発に特化し、
豊富な実績と支援ツールで結果を出す
Veriserve
Veriserve公式サイト
引用元:Veriserve公式サイト
https://www.veriserve.co.jp/
おすすめの理由
  • テスト品質を上げる、自社製の開発支援ツールを提供できる
  • 沖縄に巨大拠点を持ち、コストを抑えたニアショアテストが可能
  • クラウドやSaaSのテスト実績豊富で、納期を維持するための知見が深い
得意なテスティング領域
  • アジャイル仕様の事業開発
  • 自社開発のSAPシステム
  • 自社プロダクトの検証PMO

自社プロダクトの検証に強い
Veriserveの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

Veriserveが
おすすめの理由をもっと読む

選定条件:
Googleで「第三者検証」と検索した結果から、第三者検証事業を営んでいる83の会社を調査。会社設立から20年以上のテスティング実績がある24社をピックアップ。その中から下記の条件で3社を選出。(調査日:2023年11月1日)

・エス・キュー・シーの選定理由:テスターに会社独自のテストメソッド教育を施している旨が公式サイトに記載されている会社の内、かつ組み込み開発のテスト事例が最も多い会社として選出。
・VES(ヴェス)の選定理由:公式サイトに掲載されている、Web開発領域の対応サービス範囲が最も広い会社として選出。
・Veriserveの選定理由:公式サイトに掲載されている、アジャイル開発の事例掲載数が最多の企業として選出。