第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch
第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch » ソフトウェアテストの種類 » モンキーテストの目的と注意点

モンキーテストの目的と注意点

モンキーテストとは?

事前にテストケースを用意せずに行うソフトウェアテストの一つです。その場の思い付きで動作を検証することで、思いもよらない欠陥・不具合を見つけ出すことを目的に実施します。

子どもやソフトウェアに慣れていないユーザーは、開発者が予想できない操作をすることがあるでしょう。他のテストに加えてモンキーテストを実施しておくことで、思いがけないリスクを防ぐことに繋がります。

モンキーテストの方法

テスト計画や設計なども行わず、いきなり思い付きで始めるのがモンキーテストです。

でたらめにボタンやキーボードを叩く、画面上は何もない場所をクリックする、ボタンの連打や複数キーの同時押しなど様々な方法が用いられます。文字列や操作方法などに制限はありません。

テストではソフトについて何も知らない人や専門知識・技能のない人に、常識とはかけ離れた操作をしてもらいます。

モンキーテストを行うタイミング

テストケースが必要な通常のテストを行った後に実施します。プロジェクトの最終工程で実施されることがほとんどです。モンキーテストだけでは通常のバグに対処できないため、ソフトウェアの品質を確かめることはできません。通常テストのみでもあらゆるユーザーに対応できますが、モンキーテストと組み合わせることで弱点をカバーし合い、さらなる品質向上を目指せます。

想定できるエラーを十分に修正した後で、最後に「念を入れて」補足的に行われるのがモンキーテストです。

第三者検証の会社選びは「QCD」の課題解決力で決める!

ソフトウェアテストの悩みは、そのほとんどが「品質・コスト・納期(QCD)」に関わる課題です。しかも早急に対応が必要なことが多いので、QCDの課題解決に長年携わってきた、実績の豊富な第三者検証会社に依頼するのがベター。このサイトでは、「テスト対象別」におすすめの3社を詳しく紹介しています。ぜひ以下のボタンからチェックしてみてください。

第三者検証でおすすめの
企業3選はこちら

モンキーテストのメリットとデメリット

モンキーテストには以下のメリット・デメリットが挙げられます。

メリット

テスト項目の実施だけでは見つからない意外なバグを見つけられる点がメリットです。ランダムな操作による検証のため、仕様書の漏れが原因で起こるバグの発生を防止できるでしょう。

またテストケースを必要とせず迅速なフィードバックも可能なため、工数を節約できる点もメリットとして挙げられます。準備期間も必要ないため、コストの削減にも繋がるでしょう。

デメリット

発見したバグの再現が難しいという点がデメリットです。対策としてツールを用いて画面録画・ログの記録を行うようにしましょう。

モンキーテストは何時間かけてもバグが見つからないこともあります。実施時間を決めて行うと良いでしょう。

その他テストとの違い

事前にテストケースを用意しないテスト手法として以下のテストも挙げられます。

アドホックテスト

テストケースを用意せずに行いますが、最低限ソフトウェアの知識があるテスターが行うという点でモンキーテストと異なります。ランダムではなく、トラブルに結び付きやすい操作を優先的に行うといったある程度の目的も定めてから行われます。

探索的テスト

直前のテスト結果から次に必要なテストを探っていくためのテストです。テスターが必要だと考えたテストの設計と実施を繰り返します。テスターの経験や知見に基づいて行われるため、テスターには高度なスキルが求められます。

テスト対象別 QCDの悩みに応える
第三者検証会社 3選

このサイトでは、第三者検証事業を行う会社83社の情報を取りまとめています。その中から、QCDの「Q=品質」をカバーする独自のテストメソッドを持ち、ニアショア・オフショア等で「C=コスト」を抑える手段を備え、豊富な実績で「D=納期」厳守に信頼が置ける、事業歴20年以上のテスト専門会社をピックアップ。その上で、テスト対象別におすすめの3社を紹介しています。

組み込み開発なら…
独自のテストメソッド教育と
30年の実績でQCDの悩みに応える
エス・キュー・シー
エス・キュー・シー公式サイト
引用元:エス・キュー・シー公式サイト
https://sqc.co.jp/
おすすめの理由
  • 会社独自のテストメソッドを学んだテスターが高品質の検証を行う
  • 沖縄・上海・ベトナムに検証拠点を持ち、コストダウンを見込める
  • 30年近い検証実績があり、テストスケジュールの精度が高い
得意なテスティング領域
  • 医療機器
  • 光学電子機器
  • 家電・自動車

組み込み開発の検証に強い
エス・キュー・シーの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

エス・キュー・シーが
おすすめの理由をもっと読む

Web開発なら…
幅広いWeb開発領域に対応し
ニアショアと自動化で課題を解決する
VES
VES(ヴェス)公式サイト
引用元:VES公式サイト
https://www.ves.co.jp/
おすすめの理由
  • IT検証技術者認定を受けた実力あるテスターがテストを担う
  • 岩手県など、産官学連携での第三者検証でコストを下げられる
  • 長年の実績と自動化ツールによる支援で納期を遵守できる
得意なテスティング領域
  • 業務システム
  • SaaSなどのWebサービス
  • スマートフォンアプリケーション

開発の検証に強い
VESの実績詳細を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

VESが
おすすめの理由をもっと読む

自社プロダクトの開発なら…
機能単位の高速開発に特化し、
豊富な実績と支援ツールで結果を出す
Veriserve
Veriserve公式サイト
引用元:Veriserve公式サイト
https://www.veriserve.co.jp/
おすすめの理由
  • テスト品質を上げる、自社製の開発支援ツールを提供できる
  • 沖縄に巨大拠点を持ち、コストを抑えたニアショアテストが可能
  • クラウドやSaaSのテスト実績豊富で、納期を維持するための知見が深い
得意なテスティング領域
  • アジャイル仕様の事業開発
  • 自社開発のSAPシステム
  • 自社プロダクトの検証PMO

自社プロダクトの検証に強い
Veriserveの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

Veriserveが
おすすめの理由をもっと読む

選定条件:
Googleで「第三者検証」と検索した結果から、第三者検証事業を営んでいる83の会社を調査。会社設立から20年以上のテスティング実績がある24社をピックアップ。その中から下記の条件で3社を選出。(調査日:2023年11月1日)

・エス・キュー・シーの選定理由:テスターに会社独自のテストメソッド教育を施している旨が公式サイトに記載されている会社の内、かつ組み込み開発のテスト事例が最も多い会社として選出。
・VES(ヴェス)の選定理由:公式サイトに掲載されている、Web開発領域の対応サービス範囲が最も広い会社として選出。
・Veriserveの選定理由:公式サイトに掲載されている、アジャイル開発の事例掲載数が最多の企業として選出。