第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch
第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch » ソフトウェア検証の基礎知識と外注すべき理由 » テスト計画の作成と管理方法

テスト計画の作成と管理方法

プロジェクトの初期段階において、テスト計画をどのように立て、管理するかについて解説を行っていきます。テスト計画書の作成などについて知りたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

テスト計画書とは

「テスト計画書」は、システム開発やソフトウェア開発を行う中で、実施するテストに関する計画書です。このテスト計画書に記載される内容は、テストを行う目的や方向性、実施スケジュール、注意点などが挙げられます。

テスト計画書の目的

テスト計画書は、「漏れのないテストを行うため」に作成されます。もし、製品の開発段階で適切にテストが行われなかったとすると、リリース後に不具合などが発生する可能性が高くなります。このような状況を防ぐには、テスト計画書を作成して漏れのないテストを行う必要があるといえます。

テスト計画書とテスト仕様書の違い

テスト計画書もテスト仕様書も、テストに関連する内容が記載されている書類であることには変わりありません。しかし、その内容については下記のような違いがあります。

作成の順番としては、まずテスト計画書を作成してテストの方針・必要な人員などを明らかにし、その後テストの詳細を記載したテスト仕様書が作成されます。

テスト計画書の種類

テスト計画書にはいくつか種類があり、「個別テスト計画書」と「全体テスト計画書」の2つに分けられます。

個別テスト計画書は、「単体テスト」「結合テスト」「システムテスト」「受け入れテスト」の4種類のテストレベル別にまとめた計画書となります。

また、全体テスト計画書は、それぞれの個別テスト計画を含む全体的なテスト計画をまとめたものです。作成を行う際は、先に全体テスト計画書を作成し、その内容をもとに個別テスト計画を検討して作成していく流れが一般的です。

テスト計画書作成の流れ

テスト計画を作成するタイミング

全体テスト計画書は、開発計画を立てる中で検討する必要があります。その後、プロジェクトの進捗に合わせて内容の見直し、修正をかけていきます。また、個別テスト計画は、それぞれのテストが開始されるまでに作成しておく必要があります。ただし、準備や調整にかかる時間も考慮しながら作成することがポイントです。

要件を整理

テスト計画書には、テストに関するさまざまな要件を検討して記載します。要件を整理する際のポイントは下記の通りとなります。

このように、テスト行う上での目的や重要な項目などを細かく検討して整理した上で、計画書にまとめていきます。

実行計画を作成

テストに関わる要件が整理できたら、テストの実行計画を立てていきます。ここでのポイントは下記の通りです。

上記のような内容を踏まえ、テストの実行計画とスケジュールを作成していきます。また、必要ツールや担当者、それぞれの項目における基準については、計画段階で明らかにしておきましょう。

管理項目の整理と管理計画の作成

要件の整理と実行計画が作成できたら、次は「管理項目の整理」と「管理計画を立てる」段階に移ります。

管理項目としては、「リスク管理」「データや文書の管理」「進捗管理」「機材やツール、人材の管理」「仕様変更等の管理」のように、さまざまな項目があります。テストを実施する際には予想していなかった事態が発生することもあるため、対処方法についても決めておきましょう。

高い品質の製品を提供するためにテスト計画書は重要

品質の良いシステムやソフトウェアを提供するには、テスト計画書は非常に重要なものであるといえます。計画書作成にあたっては、要件の検討や関係者の間での認識すり合わせなど難しいポイントがありますが、適宜外部の専門家などに相談するなどしながら進めていきましょう。

テスト対象別 QCDの悩みに応える
第三者検証会社 3選

このサイトでは、第三者検証事業を行う会社83社の情報を取りまとめています。その中から、QCDの「Q=品質」をカバーする独自のテストメソッドを持ち、ニアショア・オフショア等で「C=コスト」を抑える手段を備え、豊富な実績で「D=納期」厳守に信頼が置ける、事業歴20年以上のテスト専門会社をピックアップ。その上で、テスト対象別におすすめの3社を紹介しています。

組み込み開発なら…
独自のテストメソッド教育と
30年の実績でQCDの悩みに応える
エス・キュー・シー
エス・キュー・シー公式サイト
引用元:エス・キュー・シー公式サイト
https://sqc.co.jp/
おすすめの理由
  • 会社独自のテストメソッドを学んだテスターが高品質の検証を行う
  • 沖縄・上海・ベトナムに検証拠点を持ち、コストダウンを見込める
  • 30年近い検証実績があり、テストスケジュールの精度が高い
得意なテスティング領域
  • 医療機器
  • 光学電子機器
  • 家電・自動車

組み込み開発の検証に強い
エス・キュー・シーの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

エス・キュー・シーが
おすすめの理由をもっと読む

Web開発なら…
幅広いWeb開発領域に対応し
ニアショアと自動化で課題を解決する
VES
VES(ヴェス)公式サイト
引用元:VES公式サイト
https://www.ves.co.jp/
おすすめの理由
  • IT検証技術者認定を受けた実力あるテスターがテストを担う
  • 岩手県など、産官学連携での第三者検証でコストを下げられる
  • 長年の実績と自動化ツールによる支援で納期を遵守できる
得意なテスティング領域
  • 業務システム
  • SaaSなどのWebサービス
  • スマートフォンアプリケーション

開発の検証に強い
VESの実績詳細を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

VESが
おすすめの理由をもっと読む

自社プロダクトの開発なら…
機能単位の高速開発に特化し、
豊富な実績と支援ツールで結果を出す
Veriserve
Veriserve公式サイト
引用元:Veriserve公式サイト
https://www.veriserve.co.jp/
おすすめの理由
  • テスト品質を上げる、自社製の開発支援ツールを提供できる
  • 沖縄に巨大拠点を持ち、コストを抑えたニアショアテストが可能
  • クラウドやSaaSのテスト実績豊富で、納期を維持するための知見が深い
得意なテスティング領域
  • アジャイル仕様の事業開発
  • 自社開発のSAPシステム
  • 自社プロダクトの検証PMO

自社プロダクトの検証に強い
Veriserveの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

Veriserveが
おすすめの理由をもっと読む

選定条件:
Googleで「第三者検証」と検索した結果から、第三者検証事業を営んでいる83の会社を調査。会社設立から20年以上のテスティング実績がある24社をピックアップ。その中から下記の条件で3社を選出。(調査日:2023年11月1日)

・エス・キュー・シーの選定理由:テスターに会社独自のテストメソッド教育を施している旨が公式サイトに記載されている会社の内、かつ組み込み開発のテスト事例が最も多い会社として選出。
・VES(ヴェス)の選定理由:公式サイトに掲載されている、Web開発領域の対応サービス範囲が最も広い会社として選出。
・Veriserveの選定理由:公式サイトに掲載されている、アジャイル開発の事例掲載数が最多の企業として選出。