第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch
第三者検証会社がテスト対象別に見つかるサイト|TESTearch » ソフトウェアテストの種類 » パフォーマンステストの目的と注意点

パフォーマンステストの目的と注意点

パフォーマンステストとは?

パフォーマンステストとは、システムおよびソフトウェアのデータ処理スピード等が、ユーザーが求める水準にあるかどうかを評価・確認するためのテストです。近年では、応答スピードが数秒送れるだけで、ユーザーが他社のシステム・ソフトウェアへと離脱する可能性が非常に大きくなることから、パフォーマンステストの重要性は非常に大きなものとなっています。

パフォーマンステストを行う際の注意点

パフォーマンステストを行う上で、テストの準備および実施に非常な労力がかかることがある、という点は注意しておきたいポイント。例えば数千・数万のデータを処理するシステム・ソフトウェアの場合、検証用のデータを準備し実際にデータをシステム・ソフトウェアに処理させるだけで、少なくはない手間と人員が必要です。

また、ユーザーやユーザーの期待を正しく定義する必要があるという点も、パフォーマンステストで注意したいポイントです。例えば、あるソフトウェアの合格基準を「4秒以内の応答」と設定したとします。他社製の競合ソフトウェアの応答時間が平均3秒の場合、この基準はユーザーが期待するものとはかけ離れてしまうことになりかねません。従って、この基準のまま行ったテストでは、ソフトウェアのパフォーマンスを正しく評価できないと考えるべきです。

第三者検証の会社選びは「QCD」の課題解決力で決める!

ソフトウェアテストの悩みは、そのほとんどが「品質・コスト・納期(QCD)」に関わる課題です。しかも早急に対応が必要なことが多いので、QCDの課題解決に長年携わってきた、実績の豊富な第三者検証会社に依頼するのがベター。このサイトでは、「テスト対象別」におすすめの3社を詳しく紹介しています。ぜひ以下のボタンからチェックしてみてください。

第三者検証でおすすめの
企業3選はこちら

パフォーマンステストの種類とポイント

負荷テスト

負荷テストはストレステストと呼ばれることもあります。想定される処理量を超えるデータを与えた場合に、システムおよびソフトウェアがどのように反応するのかを評価するテストで、パフォーマンステストとしてはかなり簡易な形態のテストです。

ソークテスト(耐久性テスト)

耐久性テストと呼ばれることもあるソークテストでは、システム・ソフトウェアが想定される処理量内の負荷に継続的に耐えられるかどうかを検証します。具体的には、処理を中断するといったエラーが発生しないかどうかはもちろん、テスト開始時の処理スピードを維持できているかどうか(つまり、継続的な負荷が原因で処理スピードが低下していないかどうか)といった点が検証対象に挙げられます。

ロードテスト

ロードテストでは、想定される処理量の限界値に近いデータが継続的に与えられた際のシステム・ソフトウェアの反応を検証します。

負荷テストによく似たテストであるかのように見えますが、負荷テストでは想定量を超えるデータが与えるのに対して、ロードテストでは、システム・ソフトウェアが正常に動作する範囲内での最大量のデータを与えます。

拡張性テスト

想定量を超えるデータを与える負荷テストや、想定量の範囲内で最大限の量のデータを与えるロードテストに対して、拡張性テストでは、システムが継続的に安定して処理できる最大限のデータの量を検証します。拡張性テストを実施することで、例えば、「将来的にユーザー数が増えた場合に、現在の体制でどこまで対応することが出来るか」を知ることが出来、サーバーの増設が必要になった場合にも、スムーズに対応することが出来ます。

テストに外部リソースを活用するメリット

パフォーマンステストは、その実施および準備に大きな労力が掛かることがあります。また、テストを効率よく実施するためには、相応の知識や素質が必要です。

システムやソフトのパフォーマンステスト実施および準備のために割り当てられるリソースが社内にないなら、アウトソーシングを検討するのがお勧めです。パフォーマンステストをアウトソーシングすれば、何かしら不具合が見つかった場合でも、改修スケジュール調整や対応といった煩雑なマネジメント業務も必要なくなります。

テスト対象別 QCDの悩みに応える
第三者検証会社 3選

このサイトでは、第三者検証事業を行う会社83社の情報を取りまとめています。その中から、QCDの「Q=品質」をカバーする独自のテストメソッドを持ち、ニアショア・オフショア等で「C=コスト」を抑える手段を備え、豊富な実績で「D=納期」厳守に信頼が置ける、事業歴20年以上のテスト専門会社をピックアップ。その上で、テスト対象別におすすめの3社を紹介しています。

組み込み開発なら…
独自のテストメソッド教育と
30年の実績でQCDの悩みに応える
エス・キュー・シー
エス・キュー・シー公式サイト
引用元:エス・キュー・シー公式サイト
https://sqc.co.jp/
おすすめの理由
  • 会社独自のテストメソッドを学んだテスターが高品質の検証を行う
  • 沖縄・上海・ベトナムに検証拠点を持ち、コストダウンを見込める
  • 30年近い検証実績があり、テストスケジュールの精度が高い
得意なテスティング領域
  • 医療機器
  • 光学電子機器
  • 家電・自動車

組み込み開発の検証に強い
エス・キュー・シーの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

エス・キュー・シーが
おすすめの理由をもっと読む

Web開発なら…
幅広いWeb開発領域に対応し
ニアショアと自動化で課題を解決する
VES
VES(ヴェス)公式サイト
引用元:VES公式サイト
https://www.ves.co.jp/
おすすめの理由
  • IT検証技術者認定を受けた実力あるテスターがテストを担う
  • 岩手県など、産官学連携での第三者検証でコストを下げられる
  • 長年の実績と自動化ツールによる支援で納期を遵守できる
得意なテスティング領域
  • 業務システム
  • SaaSなどのWebサービス
  • スマートフォンアプリケーション

開発の検証に強い
VESの実績詳細を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

VESが
おすすめの理由をもっと読む

自社プロダクトの開発なら…
機能単位の高速開発に特化し、
豊富な実績と支援ツールで結果を出す
Veriserve
Veriserve公式サイト
引用元:Veriserve公式サイト
https://www.veriserve.co.jp/
おすすめの理由
  • テスト品質を上げる、自社製の開発支援ツールを提供できる
  • 沖縄に巨大拠点を持ち、コストを抑えたニアショアテストが可能
  • クラウドやSaaSのテスト実績豊富で、納期を維持するための知見が深い
得意なテスティング領域
  • アジャイル仕様の事業開発
  • 自社開発のSAPシステム
  • 自社プロダクトの検証PMO

自社プロダクトの検証に強い
Veriserveの実績を
公式サイトで見る

電話で問い合わせる

Veriserveが
おすすめの理由をもっと読む

選定条件:
Googleで「第三者検証」と検索した結果から、第三者検証事業を営んでいる83の会社を調査。会社設立から20年以上のテスティング実績がある24社をピックアップ。その中から下記の条件で3社を選出。(調査日:2023年11月1日)

・エス・キュー・シーの選定理由:テスターに会社独自のテストメソッド教育を施している旨が公式サイトに記載されている会社の内、かつ組み込み開発のテスト事例が最も多い会社として選出。
・VES(ヴェス)の選定理由:公式サイトに掲載されている、Web開発領域の対応サービス範囲が最も広い会社として選出。
・Veriserveの選定理由:公式サイトに掲載されている、アジャイル開発の事例掲載数が最多の企業として選出。